1. TOP
  2. 胆石のチェックにはMRCP検査が有用なのか?ワールドビジネスサテライトで放送!

胆石のチェックにはMRCP検査が有用なのか?ワールドビジネスサテライトで放送!

放射線検査 この記事は約 6 分で読めます。 481 Views

ここ数年胆石症になる方が増えているようです。
その数660万人と推計されています。

 

 

また今はどんどん胆石ができている人が
増えているようです。

 

 

この胆石の検査としてMRIを使った
MRCPという検査が有用であると、
テレビで放送されていました。

 

 

今回は、私、放射線技師として
働いているレイがMRCPについて説明したいと
思います。

 

Sponsored Link



胆石にはMRCPが有用なのか?

まず、MRCPという検査について説明します。
こちらはMRIを使った検査です。

 

 

MRIを使って、胆管、胆嚢、膵臓をチェック検査の
事をMRCPと言います。

 

 

MRIの検査ですので、
他の頭とか腰などを撮影する場合と
基本的には同じです。

 

 

ただ、撮影する部位が胆嚢、胆管、膵臓を
メインにしているという事です。

 

 

少し違う点としては、
3Dでの撮影をしていまして、
胆嚢から出ている胆管だけを
描出する撮影もしています。

 

 

これをMRCPと言います。

 

 

このMRCPを撮影すると、
胆管の中に石が詰まっていたりすると
そこがはっきりと分かります。

 

 

検査時間は、20分程度です。

 

 

途中息止めをしたりして
撮影をします。

 

 

音はやはりうるさいですね。

 

 

また、施設によってはになりますが、
多分多くの施設で使っていると思いますが、
ボースデルという水のようなお薬を
検査前に飲んでもらいます。

 

 

この薬を飲むと、
腸内の信号を消してくれて、
膵臓などが綺麗に撮影できます。

 

 

味はほとんどお水で、
副作用とかは特にないです。

 

 

以上がMRCPの説明になります。

 

 

次に、胆石のチェックでMRCPは有用なのか?
というと、かなり有用です。

 

 

MRIですので、被曝もしません。
胆嚢、膵臓、胆管が全体像として
よく観察できます。

 

 

また、全部ではないですが、
肝臓の大部分も撮影できますし、
腎臓も入っています。

 

 

偶発的に何かを発見する事もあります。

 

 

胆石は基本的には無症状のようです。
ですので、今では人間ドックとして
行なっている施設もあるようです。

 

 

胆石の場合は、重症だと死に至る事も
あるようですし、人間ドックでチェックするのは
良いかもしれませんね。

 

 

ただ、この時に多くの方が人間ドックでは
腹部エコーをすると思いますが、
腹部エコーではダメなのか?

 

 

と思うかもしれません。
次に腹部エコーとの違いについて説明しますね。

 

 

MRCPと腹部エコーの違いとは?

胆石のチェックとして、MRCPが有用である。
と先ほど書きました。

 

 

では、腹部エコーではどうでしょうか?

 

 

こちらももちろん有用です。
被曝もないですしね。

 

 

腹部エコーでも胆石の発見は
できます。

 

 

ですので、腹部エコーでも
十分と考えるなら十分かもしれません。

 

 

ただ、エコーの場合、
画像って一般の方が見たら、
よくわからないですよね?

 

 

MRIの場合は先ほども書きましたが、
全体像として分かります。

 

 

私たちのような専門家が見ても
MRIの方が分かりやすいです。

 

 

また、MRIだと同時に
肝臓や腎臓などもチェックできます。

 

 

ですので、腹部エコーだけでも
胆石のチェックとしては良いですが、
MRCPを撮影しても良いかなと思います。

 

 

ちなみに、ほとんどの施設で
腹部エコーで胆石が疑われたら
MRCPを撮影すると思います。

 

Sponsored Link



なぜ胆石が増えているのか?

私もテレビの報道を見て、
最近胆石を患っている方が増えていると
知りました。

 

 

確かに、MRCPの検査は
毎日のようにありますが、
その中でも胆石が占める割合は
結構高いです。

 

 

よく腹痛で救急車で運ばれてきて、
結果、胆石が胆嚢菅にはまっている。
そこで外科的な治療に緊急に行う。
って事も割とよくあります。

 

 

この原因は、食の欧米化のようです。
お肉とかですね。

 

 

やはり肥満気味の方に
多いようですよ。

 

 

コレステロールとかやはり注意しないとですね。

 

Sponsored Link



胆石のチェックにはMRCP検査が有用なのか? まとめ

胆石のチェックにはMRCPが有用なのか?
という事に対して書きました。

 

 

MRCPはMRIを使った検査で
被曝はありません。

 

 

そして、胆嚢、胆管、膵臓の全体像をチェックできます。
人間ドックで行なっている施設も増えているようです。

 

 

その費用はだいたい2万円ぐらいとありました。

 

 

もし、ご自身が気になるなら
一度お腹のチェックで受けてみるのも
良いかもですね。

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 乳がん検査 放射線関連:CT、シンチまとめ

  • CTで頭部検査 MRIとの違いは?どっちの検査が良いの?放射線技師が説明します。

  • 乳がんの検査で造影CTは必要なのか?

  • 乳がん検査でセンチネルリンパ節シンチグラフィーは必要なのか?

  • 放射線技師は就職難? おすすめの就活方法とは?

  • 乳がん検査で骨シンチグラフィーは必要なのか?