スミチオンの効果 毛虫や蚊などの害虫への使い方とは

スミチオンは農作物や花、樹木に発生した害虫を駆除することが出来ます。スミチオンは使う作物や害虫によって薄める濃度や使用頻度、振りかける量が違うので使う前は必ず注意書きを確認しましょう!

 

また使うときは農薬用マスクやビニール手袋、ゴーグルをつけ、さらに長袖長ズボンに着替え、肌が露出しないようにしましょう!スミチオンを使ったあとに雨が降ってしまったり風が強いとスミチオンの効果があまり発揮できないので天気にも注意しましょう。

 

スミチオンを使った後に体調が悪くなってしまった場合はすぐに病院へ行きましょう!

 

Sponsored Link



スミチオン乳剤とは?

スミチオン乳剤は農薬の一種ですが、その農薬の中でも安全性が高いと言われています。農薬を使うときに安全性を気にする人は多いと思います。このスミチオン乳剤は安全性が高いので農業だけでなく家庭菜園やガーデニングで使う人もたくさんいます。

 

たくさんの種類の害虫に効果があるのも魅力の1つです。害虫に困っている人は是非スミチオン乳剤を試してみて下さい!

 

スミチオンの効果とは?

スミチオンの効果

スミチオンは農作物や花、樹木に発生した害虫を駆除することが出来ます。このスミチオンを振りかけておき、スミチオンが付いた植物を害虫が食べることで駆除が可能です。成虫だけでなく卵の段階でも効果を発揮してくれます。

 

スミチオンは毛虫や蚊などの害虫に効果あるのか

スミチオンは毛虫や蚊などの害虫に効果があります。

 

①毛虫

毛虫類にも効果はありますが樹木についている毛虫の駆除にも向いていないので使うのはやめましょう!

 

②蚊

多くの人を悩ませる蚊の駆除にも役立ちます。しかし虫よけスプレーのように直接肌に噴射することはやめておきましょう!

 

Sponsored Link



見スミチオン乳剤の使い方とは?

スミチオン乳剤の使い方とは?

スミチオン乳剤は使う作物や害虫によって薄める濃度や使用頻度、振りかける量が違うので使う前は必ず注意書きを確認してから使うようにしましょう!害虫を見つけたら広がってしまう前にスミチオン乳剤をふりかけます。1度では全ての害虫を駆除出来ない可能性があるので、スミチオン乳剤を使ったあとも作物などの様子を観察しましょう。

 

スミチオン乳剤は安全性が高い農薬ですが農薬には違いないので素手で触らないようにしたりなど取り扱いには注意が必要です。

 

スミチオン乳剤の散布時期は?

スミチオン乳剤はいつでも散布していいわけではありません!作物の場合あまり収穫時期に近いと作物に被害が出てしまう可能性があるので注意が必要です。そのため散布時期は収穫の21日前までにしましょう!

 

スミチオン乳剤を使用する際には天気も注意しないといけない?

スミチオン乳剤を使用してもその後に雨が降ってしまったり、風が強いとスミチオン乳剤の効果が少なくなってしまうのでやめておきましょう。少なくともスミチオン乳剤を使用した翌日まで天気の良い日に行うのをおすすめします!

 

またスミチオン乳剤を使用する日に風が強いと使っているときにスミチオン乳剤が体にかかってしまったり、吸い込んでしまったりがあるのでやめておきましょう。日中の温度が高いと植物への薬害が起こりやすくなってしまうので朝や夕方の涼しい時間帯に散布することをおすすめします。

 

スミチオン乳剤を使う時に注意するべき事とは?

スミチオン乳剤を使う前には農薬用マスクやビニール手袋、ゴーグルをつけ、さらに長袖長ズボンに着替えましょう!なるべく皮膚が露出しないようにするのがポイントです。そしてスミチオン乳剤を使うとき周りに子どもやペットが間違えて近づかないように注意します。

 

スミチオン乳剤を使用後に注意するべき事とは?

スミチオン乳剤を使用後には着ていた服をすぐに脱ぎそのままシャワーを浴びましょう!しっかり石鹸を使って特に手足や顔を洗い、うがいや眼も洗うことをおすすめします。スミチオン乳剤を使ったときに着ていた服は他の服とは別で洗うようにします。

 

スミチオン乳剤を使った後に体調が悪くなってしまった場合はすぐに病院へ行くようにしましょう!すぐに病院で治療してもらうことで症状を早く改善することが出来ます。

 

スミチオン乳剤を使用した後は他の人がみてもスミチオン乳剤を使ったことが分かるように張り紙などをしておきましょう!知らない人が植物に散布したスミチオン乳剤を触ってしまうのを防ぐことが出来ます。

 

スミチオン乳剤が効果を発揮する毛虫や蚊以外の主な害虫

スミチオンはいろいろな種類の害虫に効果があるので、効果のある害虫を紹介します。

 

①アブラムシ類

農作物だけでなく花や樹木にも発生するアブラムシ類に効果があります。アブラムシ類は大量に発生しますがスミチオンを使うことですぐに効果が実感出来ると思います。

 

②カメムシ類

豆類には特にカメムシが集まってきますが、スミチオンを使うことで簡単に駆除することが出来ます。また柑橘系の樹木には複数回使うことでさらに高い効果が期待出来ます。スミチオンに書かれている使用頻度を守って使いましょう。

 

③ヨトウムシ類

ヨトウムシの駆除には1000倍に薄めたスミチオンを使いますが、大量に卵が産み付けられていることがあるので念のため何度か駆除することをおすすめします。

 

④カイガラムシ類

果物の木に発生することが多いカイガラムシ系ですが、大量に発生する性質があります。周りにある樹木にも発生している可能性が高いので注意しましょう!

 

⑤テントウムシマダニ類

家庭菜園でよく発生してしまうテントウムシマダニ類ですがスミチオンで駆除することが出来ます。テントウムシマダニ類は急速に数が増えてしまうのですぐに駆除することがとても大切です。

 

Sponsored Link



スミチオンの効果 毛虫や蚊などの害虫への使い方とは まとめ

スミチオン乳剤は農薬の一種でその、農薬の中でも安全性が高いのが特徴です。スミチオン乳剤は農作物や花、樹木に発生した害虫を駆除する効果があります。その効果は成虫だけでなく卵にも効果があります。

 

スミチオン乳剤が効果を発揮する害虫は以下の通りです。

 

①毛虫

②蚊

③アブラムシ類

④カメムシ類

⑤ヨトウムシ類

⑥カイガラムシ類

⑦テントウムシマダニ類

 

スミチオン乳剤は使う作物や害虫によって薄める濃度や使用頻度、振りかける量が違うので使う前は必ず注意書きを確認しましょう!

 

スミチオン乳剤を使うのに適している天気は風があまりなく翌日も雨が降らない日で、朝や夕方の涼しい時間帯に散布しましょう!作物に散布する場合は収穫する21日前までにしましょう!

 

スミチオン乳剤を使う時に注意するべき事は以下の通りです。

 

①農薬用マスクやビニール手袋、ゴーグルをつけ、さらに長袖長ズボンに着替える

②周りに子どもやペットが間違えて近づかないように注意する

 

スミチオン乳剤を使用後に注意するべき事は以下の通りです。

 

①すぐにシャワーを浴びる

②うがいや眼も洗う

③スミチオン乳剤を使ったときに着ていた服は他の服とは別で洗う

④スミチオン乳剤を使ったことが分かるように張り紙する

 

おすすめの記事