スミチオンの毒性について害虫への効果と正しい使い方とは?

スミチオンの主な成分はフェニトロチオン(MEPで補助成分としてキシレンやエチルベンゼンが入っています。毒性があるので正しい使い方をすることがとても大切です。

 

使うときは肌の露出を最小限にし、説明書をきちんと読んで量や頻度を正しく使いましょう。そして天気も大切です。風が強くなく、翌日まで天気が良い日に使いましょう。

 

Sponsored Link



スミチオンの毒性とは?

スミチオンを使うことで蚊や毛虫、カメムシ、アブラムシを駆除することが出来ます。駆除出来るということは毒性があることになります。そのため扱い方を間違ってしまうと頭痛がしたり、気分が悪くなってしまうことがあるので注意が必要です。

 

スミチオンは有機リン、有機硫黄系殺虫剤が主な成分です。フェニトロチオン(MEP)という成分が主に使われていますが、それ以外にもキシレンやエチルベンゼンが補助成分として入っています。

 

キシレンは飲んでしまうと皮膚や眼に刺激がはしったり、妊娠中の場合は胎児に悪影響を及ぼすと言われています。エチルベンゼンもキシレン同様飲んでしまうと皮膚や眼に刺激がはしったり、妊娠中の場合は胎児に悪影響を及ぼします。それ以外にも発がん作用がある化学物質です。

 

スミチオンの主成分はフェニトロチオン(MEP)

フェニトロチオン(MEP)とは?

フェニトロチオン(MEP)は主に農薬として使われており淡黄色の液体です。たくさんの種類の害虫を駆除することが出来ます。農薬の中でも比較的安全性が高いと言われていますが…ダニ駆除のためにフェニトロチオンを使った家に暮らしていた家族全員が体調不良に襲われ、その中の1人である女児が亡くなっています。

 

フェニトロチオンの毒性

フェニトロチオンは体重1kgあたり0.005mgまでは健康被害が出ることはありませんが…それ以上摂取してしまうと以下のような症状が出る可能性があります。

 

①頭痛

②吐き気

③視力低下

④倦怠感

 

このような症状が出てしまったら病院へいきましょう!

 

スミチオンを使ったらいけない植物とは?

スミチオンを使ってしまうと枯れてしまう植物があります。それはアブラナ科の植物です!アブラナ科の植物には大根や菜の花、小松菜などがあるので注意しましょう。

 

Sponsored Link



スミチオン乳剤が効果を発揮する主な害虫とは?

スミチオン乳剤が効果を発揮する主な害虫を紹介します。

 

①アブラムシ類

②毛虫類

③バッタ類

④カメムシ類

⑤ヨトウムシ類

⑥コガネムシ類

⑦カイガラムシ類

⑧テントウムシマダニ類

 

Sponsored Link



スミチオンを安全に使うにはどうしたら良いのか?

スミチオンを使うときに注意することを紹介します。

 

①肌が露出しないようにする

 

②子どもが触らないような場所におく

 

③量や頻度を確認してから使う

 

④スミチオンを使った植物と分かるようにしておく

 

⑤翌日まで天気が良い日に使う

 

⑥風が強くない日に使う

 

スミチオンの毒性について害虫への効果と正しい使い方とは? まとめ

スミチオンはフェニトロチオン(MEP)という成分が主に使われています。それ以外にはキシレンやエチルベンゼンが補助成分として入っています。害虫を駆除するために使われるのでもちろん毒性があります。使い方を間違えてしまうと以下のような症状が出る可能性があります。

 

①頭痛

②吐き気

③視力低下

④倦怠感

 

そのため使うときはきちんとした方法で安全を意識することがとても大切です。

 

おすすめの記事