じゃがいもの芽は食べられる?毒素があるの?皮にも毒素があるの?

じゃがいもの芽には毒素があるので食べることは出来ません!皮にも同じ成分の毒素が含まれていますが、量がすくないので皮の付いたじゃがいもを食べることは出来ます。

 

じゃがいもの毒素について正しい知識を持って、安全な食事を作りましょう!

 

Sponsored Link



見じゃがいもの芽は食べられる?

じゃがいもの芽は食べられる?

じゃがいもの芽は食べることが出来ません!しかし芽が出てしまったじゃがいもは芽の根本からしっかり取ってしまえば食べることは出来ます。捨ててましうのはもったいないのでききんと芽を取り除き料理に使いましょう。

 

じゃがいもの芽には毒素があるの?

じゃがいもの芽にはソラニンチャコニンという毒素の一種が含まれています。もともとじゃがいもに含まれている成分で、せっかく実らせたじゃがいもを天敵に食べられてしまわないようにこの毒素を作り出しています。

 

じゃがいもの皮にも毒素があるの?

じゃがいもの芽だけでなく皮にも少量のソラニンとチャコニンが含まれています。しかし芽に比べると毒素の量は少ないので皮ごと食べることも出来ます。皮は毒素以外にもビタミンB2やカリウム、マグネシウム、鉄、ミネラル、食物繊維を多く含んでいます。このような栄養素をたくさん摂取するには皮ごと食べた方が効率よく摂取することが出来ます。

 

しかしじゃがいもが緑色っぽくなっている場合はソラニンとチャコニンの量がかなり増えてしまっているので皮ごと食べることは出来ません!食べる前に必ず確認しましょう。

 

小さいじゃがいもは実の中まで毒があるの?

スーパーなどで発売されていることはあまりないですが、家庭菜園でじゃがいもを育てている場合はまだしっかり育っていない未熟なじゃがいもを収穫することがあると思います。その小さいじゃがいもの中にはソラニンとチャコニンを多く含んでいるものもあるので注意が必要です。

 

Sponsored Link



じゃがいもの芽(毒)を食べるとどうなるの?

じゃがいもの芽に含まれるソラニンとチャコニンを多く摂取してしまうと食中毒の症状を引き起こしてしまうことがあります。その症状には以下のようなものがあります。

 

①吐き気

②嘔吐

③下痢

④腹痛

⑤頭痛

⑥めまい

 

じゃがいもの芽は加熱したら大丈夫なの?

じゃがいもの芽は加熱しても毒素がなくなるわけではありません。加熱方法はいろいろありますが沸騰した鍋で2時間煮ても、170度の油で5分揚げても毒素がなくなることはありませんでした。そのため加熱する前に芽を全て取り除くことがとても大切です。

 

もしじゃがいもの芽や皮を摂取したらどうしたら良いの?

早い人だと10分~15分後食中毒の症状が出てきてしまいます。症状が酷い時は必ず病院へ行くようにしましょう!子どもは大人より体が小さいので少ない量でも症状が出てしまったり、大人より重症になってしまうことがあるので特に注意が必要です。早く対応することで重症化を防ぐことが出来ます。

 

Sponsored Link



じゃがいもの芽は食べられる?毒素があるの?皮にも毒素があるの? まとめ

じゃがいもの芽ににはソラニンとチャコニンという毒素が含まれているので、食べるときは根本までしっかり取り除きましょう!この毒素は加熱してもなくならないので料理する前に取り除くしかありません。

 

じゃがいもの皮にもソラニンとチャコニンは含まれていますが少量なので食べることは出来ます。しかし緑色っぽくなっているじゃがいもはソラニンとチャコニンがかなり多くなっているので皮を食べることは出来ません!

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

おすすめの記事