立枯病の対策と原因は何?予防方法は?

立枯病の病原はカビなので多湿になると発症します。立枯病の対策は土壌を清潔にし、水はけを良くすることです。立枯病の病原は感染した植物だけでなく、落ちた葉っぱや周りの土にも広がっているので焼却したり、土壌を太陽熱消毒する必要があります。

 

しっかり対策を行うことで立枯病にかかりにくくすることが出来ます!

 

Sponsored Link



立枯病とは?どんな病気でどんな症状なの?

立枯病の病原カビの一種です。多くの植物に発症する可能性がある病気です。立枯病を発症するとその部分に黄色や赤色のカビが出来てしまいます。その後に植物の茎が褐色になり、どんどん腐敗してしまうので苗が倒れて枯れてしまいます。

 

立枯病の対策はどうしたらいいの?

立枯病の原因は何?

立枯病の原因はカビです!そのため多湿な状態が続くと病気になる可能性が高くなってしまいます。立枯病が発症してしまった畑などの土壌には病原菌がまだひそんでいます。そのためまた多湿になる季節になると育てている植物が立枯病になってしまう可能性が高いので注意が必要です。

 

立枯病が発生しやすい時期や条件とは?

先ほども少し説明しましたが、立枯病の病原菌はカビなので多湿になる4月~11月の間です。特に梅雨の時期には立枯病が発生しやすいので注意しましょう!

 

立枯病の発生を予防するには?

せっかく育てた植物が立枯病で枯れてしまっては悲しいので、それを予防することがとても大切です!

 

①土壌を清潔にする

前に育てていた植物から落ちた葉や根には病原菌に感染している可能性があるのでしっかり取り除きます。そして土壌は太陽熱消毒を行いましょう!

 

②土壌の水はけを良くする

土壌に水分が多いと立枯病が発生しやすくなるので、パーライトやヤシガラなどの土壌改良材を使って水はけを良くしましょう。

 

Sponsored Link



立枯病が発生しやすい植物は?

立枯病は畑で育てた植物だけでなく草花や観葉植物にも発症する可能性があります。特に発症しやすいのはサツマイモやホウレンソウ、エンドウなどです。先ほど紹介した対策をしっかり行いましょう!

 

立枯病が発生してしまったら?有効な除去方法とは?

立枯病にかかっている植物を見つけたらすぐに対処することがとても大切です。そのままにしておくとどんどん病気が広がってしまうので注意しましょう。

 

被害にあった植物に株と根の周りにある土も一緒に取り除いて焼却します。注意しなければいけないのはその株から落ちた葉っぱも感染しているので一緒に焼却しましょう!その時に使った用具も消毒する必要があります。

 

それでも病気の感染が止まらない場合は立枯病に効果がある薬剤をつかいましょう!

 

Sponsored Link



立枯病の対策と原因は何?予防方法は? まとめ

立枯病の病原はカビの一種です。そのため多湿になる4月~11月に発症する可能性が高いです。立枯病の予防方法は以下の通りです。

 

①土壌を清潔にする

 

②土壌の水はけを良くする

 

立枯病が発生してしまったら被害にあった植物に株と根の周りにある土、その株から落ちた葉っぱを焼却します。使った用具も消毒します。それでも感染が広がる場合は薬剤を使いましょう!

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!

 


人気ブログランキング

おすすめの記事