シャクナゲの増やし方はどうしたら良いのか?接ぎ木が必要なのか?

シャクナゲを増やす方法は接ぎ木挿し木種からがあります。接ぎ木や挿し木が一般的に使われる方法です。接ぎ木で行う場合はアカボシシャクナゲがよく使用されます。シャクナゲを増やすのに適している時期は方法によって異なります。

 

Sponsored Link



シャクナゲの増やし方はどうしたら良いのか?接ぎ木が必要なのか?

シャクナゲを増やす方法はいくつかあり、それは挿し木や接ぎ木、種をまいて増やす方法があります。これらの方法を詳しく説明していきます。

 

接ぎ木で増やす方法

まずは土台になる茎を斜めに切ります。この土台にはアカボシシャクナゲを使うことが多いです。1~2日かけて切り口かた出る水分を飛ばします。次は増やしたいシャクナゲを斜めに切り、切り口に発根促進剤を薄めた水に3時間程度つけ水揚げを行います。そして土台にテープで固定すれば完成です。

 

シャクナゲを増やすのに適期はいつ頃?

シャクナゲを増やすのに適切な時期は増やす方法によって異なります。

 

①接ぎ木

2月~4月の間に行うのが適しています。

 

②挿し木

湿度の高い6月か今年伸びた枝が硬くなった9月が適しています。

 

Sponsored Link



シャクナゲを増やすにはアカボシシャクナゲが必要なのか?

シャクナゲを増やすにはアカボシシャクナゲが必要なのか?

シャクナゲを接ぎ木で増やすときに土台としてアカボシシャクナゲが使われることが多いです。絶対にアカボシシャクナゲでないといけない訳ではありませんが、耐暑性の高いアカボシシャクナゲは最適だと言われています。

 

アカボシシャクナゲとは?

アカボシシャクナゲは台湾原産の常緑低木のシャクナゲです。花は白色でとてもきれいです。花の真ん中に赤い斑点模様があるのでアカボシシャクナゲと言われるようになりました。先ほども紹介しましたが暑さに強いのが特徴です。

 

アカボシシャクナゲはどこで買える?

園芸店で購入することが出来ますが、今はネットでもタイミングが合えば購入することが出来ます。ネットの場合自宅にいながら購入することが出来るのでとても便利ですね!

 

Sponsored Link



シャクナゲを増やすには花後の種では増えないのか?

シャクナゲを増やすには花後の種でも大丈夫?

シャクナゲを種からでも増やすことはもちろん出来ますが、種からの場合きれいな花を咲かせるまでに10年以上かかってしまうのであまり使われない方法です。

 

種を蒔く時期はいつ頃が良いのか?

シャクナゲから10月頃に種を採取して3月に種まきを行います。

 

種を蒔いた後の注意点とは?

種を蒔いたあとは必ず室内で管理しましょう。発芽させるためにミズコケを使いますが、このミズコケが乾いてしまうと発芽が悪くなってしまうので注意が必要です。

 

シャクナゲを増やすには挿し木でも良いのか?

シャクナゲは挿し木で増やすことが出来ます。その方法を紹介します。

 

挿し木に使うものは2芽以上ある枝から1芽を残して挿し穂となる部分を7cmくらい切りとります。その時葉っぱは4~5枚程度残しておきましょう。茎を切るときは斜めに切ります。切り口に発根促進剤を薄めた水に3時間程度つけておけば完成です。完成した挿し木を植え付けしますが、根がしっかりつくまでは乾燥させないように水をしっかりえたえ、ビニール袋で覆っておきましょう。

 

シャクナゲの増やし方はどうしたら良いのか?接ぎ木が必要なのか? まとめ

シャクナゲを増やす方法は以下の通りです。

 

①接ぎ木

土台にはアカボシシャクナゲを使うことが多いです。適切な時期は2月~4月の間です。

 

②挿し木

湿度の高い6月か今年伸びた枝が硬くなった9月が適しています。

 

③種

種からだと花が咲くまで10年以上かかってしまうのであまり使われない方法です。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

おすすめの記事