アボガドの新葉がボロボロで落葉。その原因とは?育て方はどうしたら良いの?

アボガドの新葉がボロボロで落葉してしまう原因は害虫に幼虫がアボガドの葉を食べてしまうからです。アボガドを育てるときは温度と乾燥に注意しましょう!そして日当たりと風通しが良い場所にアボガドを置くようにしましょう。とても育てやすいので是非挑戦してみて下さい!

 

Sponsored Link



アボガドの新葉がボロボロで落葉する。その原因とは?

せっかく育てたアボガドの新葉がボロボロで落葉してしまうのはとても悲しいですよね…その原因はアボガドによく発生する害虫のハダニやカイガラムシです。幼虫はアボガドの葉を食べてしまうので見つけたらすぐに駆除しましょう!

 

アボガドの枝や葉が密集していると風通しが悪くなってしまいこのような害虫が発生しやすくなってしまうので注意しましょう。

 

アボガドはどういった植物なのか?

アボガドはどういった植物なのか?

アボガドは栄養価が高くでとてもヘルシーな果実です。スーパーでも発売されていますが、その多くがメキシコ、ニュージーランド、チリなどから輸入した商品です。主な栄養はカリウム、ビタミンE、葉酸、ビタミンB6、食物繊維などです。アボガドは「森のバター」と言われるくらい脂肪分が多いのも特徴の1つです。

 

アボガドを食べることで期待できる効果は以下の通りです。

 

①利尿作用

②高血圧予防

③動脈硬化予防

④脳梗塞予防

⑤便秘改善

 

アボガドは育てやすいのか?

アボガドは初心者でも育てることが出来る植物です。気温や湿度などアボガドを育てるちょっとしたポイントをしっかりおさえておけば手軽に育てることが出来ます。アボガドを食べたときに出てくる種で可愛い観葉植物を作ることも出来るので是非育ててみましょう!

 

またある程度大きく育ってしまえば温度や環境の変化にも強くなってくれます。寒さものりきってくれます!

 

Sponsored Link



アボガドの育て方はどうしたら良い?

アボガドの育て方とは?

アボガドは種から水耕栽培する方法と鉢植えで発芽させる方法の2通りあります!鉢植えで発芽させる方法を詳しく説明します。

 

①鉢の底に軽石をしいて、その上に培養土をいれる

②種の平らになっている方を下にして植える

③少し種を土から出しておく

④気温が20度くらいになると発芽する

⑤成長が早いので数年に1度を目安で植え替えする

 

アボガドの日当たりはどうしたら良い?

アボガドの成長に日光は欠かせません!日当たりが良い場所に鉢を置いておきましょう。庭などの植える際も日当たりが良い場所を選びます。

 

アボガドの置き場所はどこが良いのか?

先ほど紹介したように日当たりがよく、また風通しも大切なので家の中でも窓際に置いて風をあててあげましょう!

 

アボガドの水やりはどうしたら良い?

アボガドの種は寒さと乾燥にも弱いので、乾燥しないように水はたっぷりあげましょう!土の表面が乾いてしまわないように注意します。しかし冬になると根が腐ってしまう可能性があるので少し水を控えるようにしましょう!

 

アボガドは剪定しないといけないのか?

アボガドは風通しが悪いと病気になりやすかったり、害虫が発生しやすくなってしまいます。それを防ぐために剪定を行います。多くなってしまった枝や葉を切り落として風通しが良い状態を保ってあげましょう!

 

Sponsored Link



アボガドは冬は室内がいいのか?夏はどうする?

アボガドは20度前後の温度を好むので冬は外だと寒すぎてしまいます。寒さに弱いので室内に入れてあげましょう!室内の日光があたる温かい場所に置いてあげます。夏は外に置いておいても大丈夫です。外だと風もあるので風通しも確保できます。

 

アボガドの新葉がボロボロで落葉。その原因とは?育て方はどうしたら良いの? まとめ

アボガドは育てやすい植物です!アボガドを育てる時のポイントを紹介します。

 

①日当たりが良くて、風通しの良い場所に置く

②乾燥しないように水はたっぷりあげる(冬はあげ過ぎに注意する)

③風通しが良くなるために剪定する

④冬は寒いので室内に入れる

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

おすすめの記事