ブーケブートニア儀式は生花、造花どっちが良いの?新婦が提案していいの?
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

とてもロマンティックな演出として結婚式でブーケブートニア儀式を行う人が増えているようです。そんなブーケブートニア儀式は生花で行われることが多いです。生花は見た目が華やかで香りも良いのでおすすめです。

 

新郎が新婦にプロポーズをするための儀式ですが結婚式での演出として新婦が提案しても問題ありません!

 

Sponsored Link



ブーケブートニア儀式とは?由来や儀式の方法について

ブーケブートニア儀式とは?

ブーケブートニア儀式は結婚式で行われる感動する演出の1つです。最近はこの儀式を行う人が増えているようです。バージンロードで行う演出なので1番最初におとずれる感動シーンですね!結婚前にしっかりとプロポーズをしていない新郎がこの機会に感動するプロポーズを、結婚式に参列している大切な人の前で行うことが出来ます。

 

このブーケブートニアで使われる12本のバラには「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」の意味があり、ブーケには「これらのすべてをあなたに誓います」という想いがこめられています。

 

ブーケブートニア儀式の由来とは?

ブーケブートニア儀式は中世ヨーロッパから伝わってきました。この儀式のはじまりはある青年がプロポーズをしようと決めて彼女の家にいく道中で花を1本1本摘んでいき花束を作って、それと一緒にプロポーズをしました。そして彼女はその花束を受け取って花束から1本花を抜き取り、青年の襟元にさして「よろしくお願いします。2人で幸せになりましょう」と答えました!

 

ブーケブートニア儀式の方法とは?

結婚式では最初に新郎が1人でバージンロードを歩きますが、そのとき参列者12人から花を受け取りその花で花束を作ります。次に新婦と新婦父が一緒に入場して、新郎のもとまで歩いたら新婦のエスコートを新郎に託します。

 

そこでその花束を新婦にわたしプロポーズをします。そして新婦はその中から1本の花を抜き取りブートニアとして新郎の胸ポケットにさします。

 

ブーケブートニアは生花、造花どっちが良いの?

ブーケブートニアは生花、造花どっちが良いの?

ブーケブートニアでは生花が使われることが多いです。造花は枯れないですしそのままの状態で保存することが出来ますが、やはり生花は見た目がとてもきれいで花の良い香りもします。枯れてしまうのは残念かもしれませんが華やかに見える生花をおすすめします。

 

ブーケブートニア儀式はどんな花がいいのか?色などは決まっているの?

よく使われるのは清潔なイメージのある白色のバラやウェディングドレスに合う赤色のバラです。しかしこの色と決まっているわけではありません。自分達に合った色にしたり、いろいろな色を混ぜたりも良いと思います。

 

ブーケブートニア儀式のお花は12本って決まっているの?

ブーケブートニア儀式のお花は12本で行われます。先ほど説明しましたがその12本には1本1本意味が込められていてその全てを誓うための儀式です。とてもロマンティックな雰囲気を作ることが出来ます。

 

Sponsored Link



ブーケブートニアは新婦が提案していいの?

ブーケブートニアは新郎から新婦へのプロポーズを行う儀式なので新婦から提案してもいいのか気になるかもしれませんが…結婚式の演出として提案するのは問題ないと思います。結婚式のスタートに素敵な雰囲気を付けることが出来ますね。

 

新郎からのサプライズでこのような演出をすることもあるようです。

 

Sponsored Link



ブーケブートニア儀式は生花、造花どっちが良いの?新婦が提案していいの? まとめ

ブーケブートニアの儀式は中世ヨーロッパから伝わりました。今では結婚式で新郎が参列者から12本の花を受け取り花束を作り新婦にプロポーズします。新婦はその中から1本花を抜き取り新郎の胸ポケットにさします。とてもロマンティックな演出です。

 

その12本の花の色や種類に決まりはないので自分達に合ったそのを選びましょう!12本の花に込められた意味は「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」です。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket