ウドはどんな味?旬な時期や産地は?栄養や保存方法とは?
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ウドはほろ苦く、すっきりした味です。独特ないい香りもします。旬な時期は4月と5月でとても短いのが特徴です。天然のウドは山形県、新潟県、秋田県で採ることができ、畑での栽培は関東や東北地方で行われていることが多いです。

 

アスパラギン酸クロロゲン酸といった栄養素が含まれています。保存は湿らせた新聞紙で包み冷暗所がおすすめです。この方法では長期保存出来ないので長期保存したい場合は冷凍保存しましょう!

 

Sponsored Link



ウドはどんな植物なの?

ウドはどんな植物?

ウドと聞くと山菜をイメージする人は多いと思います。昔は山に入って採ってこないと食べれない植物でしたが、今では栽培されている品種もあるのでスーパーで購入も可能です。天然のウドは収穫期間がとても短いので畑で栽培出来る技術はとても嬉しいですよね。

 

ウドは芽から根、茎、葉も食べることが出来ますが大きく成長してしまうと食べれなくなってしまいます。山菜は下処理が面倒というイメージが強いですが、とても美味しく季節を感じる食材にはピッタリなので是非見つけたら購入してみて下さい!

 

ウドは大木になる?

栄養がある場所で育つと3メートルくらいまで大きくなります。しかし大型の多年草であり「木」とは呼べません。先ほど紹介したようにウドは大きく成長すると食べることが出来ません。そのことから役に立たないという意味で使われる「ウドの大木」という言葉がうまれました。

 

ウドはどんな味?旬な時期や産地は?

ウドはどんな味なの?

ウドはほろ苦く、すっきりした味で独特のいい香りもします。食べるとシャキシャキしているので食感も楽しむことが出来ます。天ぷらだけでなくサラダやきんぴら、味噌汁などいろいろな食べ方が出来ます。

 

ウドの旬な時期は?

天然のウドは3月頃からあたまが出始め、4月に本格的な旬な時期をむかえます。6月になってしまうと大きくなってしまうので食べることが出来なくなります。4月と5月しか収穫することが出来ないので山菜の中でも収穫出来る期間はとても短いです。

 

これ以外の時期は栽培されたウドを食べることになります。栽培れるウドは時期によって「寒ウド」や「春ウド」と呼ばれています。

 

ウドの産地は?

天然のウドは山形県、新潟県、秋田県で採ることが出来ます。畑での栽培は関東や東北地方で行われていることが多いです。

 

Sponsored Link



ウドの栄養価はどうなの?

ウドに含まれる主な栄養価を紹介します。

 

①アスパラギン酸

アスパラギン酸は体内でも作られていますが、少なくなると疲れやすくなってしまったり抵抗力も落ちてしまう大切な栄養価です。

 

②クロロゲン酸

美容や健康維持にとても大切な栄養価です。

 

ウドの保存方法はどうしたら良い?

ウドを保存するときは湿らせた新聞紙で包み冷暗所で保存します。しかしこの方法で長期保存は難しいのでなるべく早く食べるようにしましょう!さらに長期保存したい場合は切って下茹し密封できる入れ物に小分けにして冷凍保存しましょう。

 

Sponsored Link



ウドはどんな味?旬な時期や産地は?栄養や保存方法とは? まとめ

ウドはほろ苦く、すっきりした味で食べるとシャキシャキといった食感も楽しむことが出来ます。収穫出来る時期は4月5月ととても短いので今は栽培されたウドを購入することが出来ます。栄養もたくさん含まれているので是非食べてみて下さい!

 

湿らせた新聞紙で包み冷暗所で保存します。長期保存したい場合は冷凍保存することをおすすめします。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket