線虫(センチュウ)とは?種類や大きさ、どこにいる?

線虫は土の中や根、株の中、水や海水の中などあらゆる場所に生息しており、種類もかなりたくさんいます。その種類によって生息場所は特徴が異なります。

 

植物や野菜の栄養を吸い取ってしまう種類もいます。そんな厄介な線虫ですががんの検査に用いるための研究がすすめられています。

 

Sponsored Link



線虫(センチュウ)とは?

線虫は植物に害を及ぼす虫で、かなり大きな被害に発展してしまうこともあります。農家にとっては怖い害虫と言えます。見た目は細長い糸状をしていますが、とても小さく、色もなく無色なので眼で確認することは出来ません。

 

線虫の種類や大きさについて

線虫は植物に害を及ぼす虫で、かなり大きな被害に発展してしまうこともあります。農家にとっては怖い害虫と言えます。見た目は細長い糸状をしていますが、とても小さく、色もなく無色なので眼で確認することは出来ません。

 

線虫の種類はどういったのがある?

線虫は本当にたくさんの種類がいると言われています。

 

①植物寄生性線虫

先ほど紹介した植物に影響を及ぼす種類で植物の栄養を奪ってしまいます。

 

②自活性線虫

植物寄生性線虫と同じように土の中に生息していますが植物に影響は与えません。

 

いろいろな線虫を紹介します。

 

①ネコブセンチュウ

植物や野菜の根に生息しており、根がこぶ状になってしまいます。

 

②ダイズシストセンチュウ

大豆や小豆などの豆類の根に寄生する種類です。

 

③イネシンガレセンチュウ

植物や野菜の株の中に入りこみ栄養を吸ってしまいます。

 

線虫の大きさは?

線虫の大きさは400マイクロメートルです。1マイクロメートルは1ミリメートルの1/1000の大きさなのでかなり小さいです。種類によってはもう少し大きい種類もいますが、多くの種類が眼に見えない大きさです。

 

Sponsored Link



線虫はどこにいるの?

線虫の種類で生息している場所は大きく違います。先ほど紹介したように土の中や根、株の中などがあります。しかしそれだけでなく水や海水などあらゆる場所に生息しています。

 

Sponsored Link



線虫ががん検診に有効なのか?

線虫を使ったがん検査について研究が進んでいます。線虫はがんの匂いを嗅ぎ分ける事が出来ます。その特徴使った検査方法です。検査方法は人間の尿を線虫に嗅がせるという方法で、線虫はがんの人の尿に引き付けられ、健康な人の尿からは逃げていきます。その線虫の反応でげん検査を行います。

 

この線虫の特徴は機械では出来ないくらい正確で、さらに線虫の飼育コストはかなり安いので検査の費用も抑えることが出来ます。今がんの検査を行おうと思うとかなり高額な金額を支払う必要があります。コストを抑えることで多くの人が気軽に検査することが出来るようになります。

 

線虫(センチュウ)とは?種類や大きさ、どこにいる? まとめ

線虫は本当にたくさんの種類がおり、その種類によって生息する場所や特徴も違います。植物や野菜に生息している線虫は大きく分けるとこの2種類に分けることが出来ます。

 

①植物寄生性線虫

②自活性線虫

 

生息場所は以下の通りです。

 

①土の中

②根

③株の中

④水

⑤海水

などあらゆる場所に生息しています。

 

大きさは400マイクロメートルで、眼で確認することは出来ません。

 

線虫はがんの人の尿に引き付けられる特徴があり、その特徴を生かしてがん検査に用いられています。低コストで検査できるのも魅力の1つです。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

おすすめの記事