線虫駆除、対策方法とは?農薬は有効?線虫捕食菌とは?
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

線虫から植物や野菜を守るために駆除や対策を行うことが大切です!線虫の被害が出てしまった場合はすぐに農薬を使って駆除します。しかし線虫はまた寄ってきてしまうので、対策を行う必要があります。土の温度を上げるために太陽にあてたりマルチをまいたりします。他にも肥料をまいたり、落花生やマリーゴールドを一緒に植えるという方法もあります。

 

線虫捕食菌という線虫を食べてくれる菌も存在します。

 

Sponsored Link



線虫は駆除した方がいいのか?植物への被害は?

いろいろな場所にたくさんの種類の線虫が生息しています。種類によって生息する場所にも違いがありますが、土の中などに生息し植物に被害を及ぼすものもいます。線虫の被害はどんどん広がり大きな被害に繋がってしまうので駆除が必要になります。

 

農家の場合、家族の生活を守るためにも線虫の被害には注意が必要です。せっかく育てた野菜が収穫出来ない場合もあります。

 

線虫の対策方法とは?

線虫対策はどうしたら良い?

線虫は駆除してもまたいつの間にか寄ってきているということがよくあります。そのため線虫が寄って来たがらない環境を作ることがとても大切になってきます。その方法がいくつかあるので紹介していきます。

 

①土を太陽にあてる

1度土を掘り起こして、広げて太陽にあてることで土の温度が高くなり線虫が暮らしにくい環境を作ることが出来ます。プランターの場合はこの方法で行うことが出来ますが、畑の場合はマルチをまいて土の温度を上げてみましょう!

 

②肥料をまく

植物や野菜を植え付ける前に肥料をまいておくと線虫の駆除に効果があります。

 

③落花生・マリーゴールドを一緒に植える

落花生とマリーゴールドには線虫を寄せ付けない効果があるので一緒に植えることで駆除することが出来ます。

 

線虫に農薬は有効なの?

もちろん線虫専用の農薬は発売されており、専用なので線虫をしっかり駆除することが出来ます。しかし線虫の中には土の中に逃げてしまったり、また時間がたつとどんどん寄ってきてしまうという難点があります。

そのため農薬で駆除する場合、1回だけではなく何回も行う必要が出てきてしまいます。

 

Sponsored Link



線虫捕食菌とは?

土の中にいる線虫を捕食する菌がいます。その菌は生物農薬として使われるパスツーリア・ペネトランスというカビです。他にも木材を分解する木材腐朽菌です。

 

Sponsored Link



線虫駆除、対策方法とは?農薬は有効?線虫捕食菌とは? まとめ

線虫は植物や野菜に被害を及ぼす種類が存在するので対策や駆除を行う必要があります。その方法は以下の通りです。

 

①土を太陽にあてる

②植物や野菜を植え付ける前に肥料をまく

③落花生・マリーゴールドを一緒に植える

 

農薬も効果はありますが、その時は駆除することが出来てもまた線虫は増えてきてしまいます。そのため農薬だと何度も行う必要があります。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket