青汁は効果なし?コレステロールや血圧への影響は?青汁の選び方はどうしたら良いの?

青汁は「生の緑葉野菜をしぼった汁」です。加熱などで栄養素が失われることがありません!そのためたくさんの栄養素が含まれておりコレステロール値を下げる効果や血圧を下げる効果、便秘解消効果などたくさんの効果が期待できます。

 

青汁には健康機能食品に分類されている商品とそうでない商品があります。健康機能食品の方を選ぶことで先ほど紹介した効果が期待できます。また大麦若葉かケールが入っているかの違いで栄養素や飲みやすさも変わってくるので自分に合った青汁をきちんと選びましょう!

 

Sponsored Link



青汁は効果なし?

青汁とは?

健康食品として知っている人も多い青汁ですが、たくさんの種類の商品が発売されています。その商品の種類によって含まれている素材が異なります。青汁は辞書によると「生の緑葉野菜をしぼった汁」と説明されています。

 

生の野菜がしぼられているので加熱することで、野菜に含まれるビタミンやミネラルといった栄養素が少なくなってしまうことがあります。調理して野菜を食べるよりもたくさんの栄養素を摂取することが出来ます。また生野菜をそのまま食べるよりも汁にして飲んだ方がたくさんの量を短時間で食べることが出来ます。

 

もちろん自分でミキサーなどを使い作る事も出来ます!しかし今は粉状で販売されている商品がたくさんあり、それを水でとくだけで簡単にたくさんの種類の野菜を摂取することが出来るのでとても魅力的ですよね!

 

また食事だけではたくさんの種類の野菜を摂取するのが難しい場合にこの青汁を飲むことで、食事のバランスを取ることが出来ます。野菜の汁なんで飲みにくいのでは?と思うかもしれませんが…飲みやすいように甘い野菜をたくさん使ったり、フルーツを使っているものもたくさんあります。自分に合った青汁を見つけて試してみて下さい!

 

青汁は効果なし?それとも効果あり?

先ほども説明しましたが青汁にはたくさんの種類があります。青汁の中には一定の機能性が認められている健康機能食品に分類されている商品と、普通に野菜や肉といった商品と同じ一般食品に分類されている商品があります。

 

青汁には便秘解消効果やコレステロール値を下げる効果、血圧を下げる効果があると言われています。そのような効果を期待したい場合は健康機能食品に分類されている商品を選ぶ必要があります。一般食品に分類される青汁では効果が期待出来ません!

 

これを知らずに購入し飲み続けても効果が出ないので購入するときは注意しましょう!健康機能食品の場合必ず商品に表示があるので確認してみて下さい。もちろん入っている食材の表示もあるのでアレルギーのある人はそちらの確認も行いましょう!

 

青汁の健康への影響とは?

青汁はコレステロールを下げるのか?

青汁にはコレステロール値を下げる効果が期待できます。コレステロール値を下げるのに効果的なのがキトサンです。キトサンはコレステロールが体に吸収されるのをさまたげ、特に悪玉コレステロール値を下げる働きもあります。

 

コレステロール値が高くなってしまうと余分なコレステロールが血管の壁にくっついてしまい血管が細くなってしまいます。それが原因で様々な病気に繋がってしまうのでとても怖いです。酷くなってしまう前に食生活を見直したり適度な運動を取り入れることが大切です。

 

さらに青汁をプラスすることでコレステロール値を下げやすくすることが出来ます。青汁を飲むだけなのでとても簡単に取り入れることが出来るという魅力があります。

 

青汁は血圧を下げるのか?

青汁には血圧を下げる効果があります。青汁に含まれるカリウムには余分な塩分を排出する働きがあり、血圧を調節してくれます。カリウムは1日に3.5グラム摂取することが目標ですが、食べ物からそれだけの量を食べるのはなかなか難しいです…そんな時に便利なのが青汁です!

 

コンビニやスーパーなどで購入したお惣菜やお弁当はとても塩分が多いです。たくさん塩分を摂取してしまうとどんどん血圧が高くなってしまいます。食生活を見直しさらに青汁を取り入れてみましょう!

 

青汁は便秘にも効くのか?

青汁は便秘にも効果があります。便秘で悩んでいる人は多いと思います。便秘が原因でダイエットがうまくいかなかったり、ぽっこりお腹になってしまったり、肌荒れの原因にもなります。それを解消するために下剤を使うようになります。下剤を使うことでその時は便秘を解消することが出来ますが、その後また便秘に悩まされることが多いです。

 

自然の便意で便秘解消するためには水溶性食物繊維と水分をたくさん摂取することがとても重要です。水溶性食物繊維は水に溶けやすので便を柔らかくする働きがあります。青汁にはこの水溶性食物繊維がたくさん含まれています。青汁だけでは水分が不十分なので、それ以外でも水分を多く飲むように心がけましょう!

 

Sponsored Link



青汁の効果的な選び方とは?

青汁の選び方はどうしたら良いの?

先ほど少し紹介しましたが青汁を選ぶ際は健康機能食品に分類されている商品を選びましょう!青汁はたくさん商品が発売されていますが健康機能食品に認定されている商品と認定されていない商品があるので表示を確認しましょう!

 

入っている成分がかなり違います。先ほど紹介したコレステロール値を下げる効果や血圧を下げる効果、便秘解消効果を期待するには健康機能食品に認定されている商品を選ぶ必要があります。

 

青汁の大麦若葉とケールの違いは?

大麦若葉とケールはよく青汁に入っています。まず栄養素の違いは以下の通りです。

 

①大麦若葉

たんぱく質、カルシウム、カリウム、食物繊維、クロロフィル、ビタミンC、B1、鉄分

 

②ケール

ビタミンA、C、E、食物繊維、カルシウムなどのミネラル

 

2つを比較した場合たくさんの栄養素が入っているのは大麦若葉です。

 

次は飲みやすさについてです。毎日続けるためにもこれはとても重要な点ですよね!ケールの入った青汁は少し青臭く苦手な人には飲みにくいです。しかし大麦若葉は青臭さが少なくとても飲みやすい青臭が出来上がります。

 

フルーツ青汁は青汁と同じなのか?"

フルーツ青汁と青汁は入っている成分がことなります。フルーツ青汁には美容成分であるプラセンタやコラーゲンなどが入っていることが多いです。味も違いフルーツ青汁はとてもフルーティーなので飲みやすいです。まったく青臭さはないのが魅力の1つです。

 

Sponsored Link



青汁は効果なし?コレステロールや血圧への影響は?青汁の選び方はどうしたら良いの? まとめ

青汁は「生の緑葉野菜をしぼった汁」と説明されています。生の野菜なのでたくさんの栄養素を摂取することが出来ます。体に良い効果もたくさんあり以下の通りです。

 

①コレステロール値を下げる効果

②血圧を下げる効果

③便秘解消効果

 

このような効果を実感するには青汁を選ぶときに健康機能食品に分類されている商品を選ぶ必要があります。青汁には健康機能食品に分類されている商品とそうでない商品があるので、表示をよく確認しましょう!

 

大麦若葉とケールの違いは以下の通りです。

 

①入っている栄養素の違い

大麦若葉の方がたくさんの栄養素が含まれています。

 

②飲みやすさの違い

大麦若葉の方がフルーティーで飲みやすいです。

 

自分に合った青汁を選んで是非試してみて下さい!

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

おすすめの記事