ホタテアレルギーの症状とは?赤ちゃんや幼児でも食べて大丈夫なのか?

ホタテを食べるアレルギー反応が出てしまう人がいます。その症状には個人差があり、赤みや痒み、発疹が出たり口の中が腫れてきたり、下痢、嘔吐などがあります。

 

このようにアレルギー反応が出る可能性がある食べ物であるホタテですが離乳食後期に入った生後9ヶ月以降であれば食べることが出来ます。しっかり加熱し柔らかい貝柱を小さくしスープに入れたり、ご飯に入れたりして食べさせてみましょう!アレルギー反応が出る可能性があるので食べさせた後は注意が必要です。

 

ホタテにはコレステロール値を下げる効果やダイエット効果など体に良い効果もたくさんあります。栄養も豊富なので是非食事にとり入れてみて下さい!

 

Sponsored Link



ホタテアレルギーの症状とは?

ホタテでアレルギーってあるのか?

ホタテはアレルギーの原因となる食べ物の1つです。特にホタテを始めて食べる子どもは親が様子を観察してあげるようにしましょう。食べる量は少しにしておくことをおすすめします。もしアレルギー症状が出てしまった場合でも食べた量が少量であれば軽く済みます。

 

ホタテアレルギーの症状にはどのようなものがある?

ホタテアレルギーの症状が出るまでの時間は食べてから2時間後くらいのことが多いので、それまでの間は注意しておきましょう!しかしホタテを食べた時の体調などによっても症状の出かたや出るまでの時間は変わってくることがあります。

 

いきなりアレルギー症状が出ると驚きどうして良いか分からなくなる人が多いです。冷静に対応することがとても大切になってきます。ホタテアレルギーの場合どのような症状が出るのか知っておくことで早くアレルギーに気付くことが出来ます。

 

ホタテアレルギーの症状は以下のようなものがあります。

 

①全身、または体の1部に赤みが出る

②全身、または体の1部に痒みが出る

③全身、または体の1部に発疹が出る

④口の中が腫れてくる

⑤呼吸がしにくくなる

⑥下痢

⑦嘔吐

 

アレルギー症状が酷いと口の中が腫れてその後呼吸困難になってしまいます。この症状をアナフィラキシーショックと言い命に関わることなのですぐに病院へ行き処置してもらいましょう!特に甲殻類にアレルギーが出たことのある人は食べる時に注意しましょう!

 

ホタテアレルギーが気になる!赤ちゃんや幼児でも食べて大丈夫なのか?

ホタテアレルギーは大丈夫?赤ちゃんの離乳食であげても大丈夫?

今は生後5ヶ月~6ヶ月くらいでスタートさせていく離乳食ですが、最初はアレルギー症状が出る可能性が低い食べ物から食べさせていきます。はじめて食べる食材は小さじ1から食べさせていく徐々に量を増やしていきます。赤ちゃんはまだ消化機能が未熟なため食材をあたえる量や時期はとても大切です。

 

ホタテは消化しにくいので離乳食を食べ始めた頃の赤ちゃんに食べさせることは出来ません!食べさせることが出来るのは離乳食後期の生後9ヶ月以降です。貝類はアレルギー反応を引き起こすことが多い食材なので心配な方は1歳になってからにしておきましょう!

 

食べさせる時は柔らかい貝柱を食べさせてあげましょう!貝柱の部分は火を通すと手でも簡単に小さくすることが出来ます。それをスープに混ぜたり、ご飯に混ぜたりすると食べやすくなります。ヒモのような硬い部分は歯がしっかりはえてきた2歳頃から食べさせてあげてみて下さい。

 

ホタテアレルギー、幼児、1歳児に食べさせても大丈夫?

先ほど説明したように幼児、1歳児でも少しずつ様子を見ながら食べさせてあげることが出来ます。もちろんホタテアレルギーが出た場合は食べさせるのをやめて、アレルギー科の医師の指示に従いましょう!今はアレルギー反応が出てしまっても成長することで普通に食べれるようになることが多いです。

 

幼児、1歳児のホタテアレルギーの症状は以下の通りです。

 

①口の周りが赤くなる、晴れる

②目がかゆそう、充血

③発疹

④下痢、嘔吐

 

ホタテはたんぱく質やアミノ酸、グルタミン酸などたくさんの栄養素が含まれています。タウリンも豊富で疲労回復効果も期待出来ます。

 

Sponsored Link



ホタテはコレステロールを下げるのか?

ホタテやイカ、牡蠣にタウリン豊富に含まれています。このタウリンがコレステロール値を下げる働きがあります。コレステロール値の高い人は自分の食生活を見直すことがとても大切です。コレステロール値を高くしてしまう原因になる糖質や乳製品を控えるようにしましょう!

 

他にも禁煙したり、適度な運動することも大切です。食事だけでなく他の生活習慣も見直すことが必要です。そのままの生活を続けているとどんどん悪化し生活習慣病になってしまいます。生活習慣病で亡くなってしまう人も多くいるので早めに行動することが大切です。

 

Sponsored Link



ホタテはダイエットにもいいのか?

ホタテはダイエットしている人におすすめの食べ物です。ホタテは低カロリーで高たんぱくなのでダイエットにはピッタリです。たんぱく質がたくさん含まれているのでダイエットの影響で筋肉が落ちてしまうを防ぐことが出来ます。健康的に痩せることが出来ると思います。

 

確かにホタテはダイエットに向いている食材ですが…毎日ホタテを食べ続けるのは難しいと思います。ホタテだけでダイエットするのではなく、3食バランスの良い食事を食べてその中に2日に1回程度ホタテを取り入れると良いでしょう!

 

ホタテのカロリーは100グラムで焼く72キロカロリーです。他の貝と比べると高カロリーかもしれませんが…ホタテは栄養がとても豊富という魅力があります。

 

他にもホタテを食べることで良い効果がたくさんあります。

 

①肌にハリがでる

②血液サラサラ効果

③疲れ目を治す

 

 

ホタテアレルギーの症状とは?赤ちゃんや幼児でも食べて大丈夫なのか? まとめ

ホタテアレルギーはあります!貝類はアレルギーが出やすい食べ物でもあるので注意が必要です!

 

ホタテアレルギーの症状は以下のようなものがあります。

 

①全身、または体の1部に赤みが出る

②全身、または体の1部に痒みが出る

③全身、または体の1部に発疹が出る

④口の中が腫れてくる

⑤呼吸がしにくくなる

⑥下痢

⑦嘔吐

 

ホタテは消化しにくい食べ物なので離乳食後期の生後9ヶ月以降に食べさせるようにしましょう!アレルギー反応が心配な方は1歳になってからにしましょう。始めて食べさせる時はアレルギー反応が出るか様子をしっかり見ていましょう。しっかり加熱し、柔らかい貝柱の部分を食べさせてあげましょう。

 

幼児、1歳児のホタテアレルギーの症状は以下の通りです。

 

①口の周りが赤くなる、晴れる

②目がかゆそう、充血

③発疹

④下痢、嘔吐

 

ホタテにはコレステロール値を下げる効果があり、さらにダイエットにピッタリな食べ物です。ホタテに含まれるタウリンがコレステロール値を下げてくれる効果があります。また低カロリーで高たんぱくなので筋肉を落とすことなく健康的なダイエットが出来ます!

 

是非試してみて下さい。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

おすすめの記事