1. TOP
  2. 燻製は体に悪い?栄養はどうなの?健康への影響、効果、被害について

燻製は体に悪い?栄養はどうなの?健康への影響、効果、被害について

料理 この記事は約 7 分で読めます。 68 Views

燻製にすることでいつも食べている食材を深みのある味わいに変化させることが出来ます。また長期保存できるのも魅力ですよね!

 

しかし燻製は塩分の多くなり、多環芳香炭化水素も煙に含まれており、乳酸菌のような体に良い効果のある菌も殺菌してしまいます。他にも発がん物質として有名なタールも煙に少し含まれています。食べ過ぎてしまうと体に大きな影響を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

燻製は冷蔵庫で保管しましょう!作った燻製はしっかり水分を抜くことが出来ているか、殺菌することが出来ているか不安なので1週間で食べきるようにしましょう!

 

栄養に大きな変化はありませんが…味はとても深い味わいになります。自宅でも作れる燻製機がたくさん発売されているので是非作ってみて下さい!

 

Sponsored Link



燻製は体に悪いのか?

燻製を作るときには大量の塩を使います。このときに濃度の低い食塩水を使ってしまうと上手く食材の水分を抜くことが出来ず中まで味をしみ込ませることが出来ません。さらに食塩水がきちんと浸透していないと長期保存することも出来なくなってしまいます。

 

この後塩抜きという工程で塩加減を調節しますが、塩分の多い食べ物と言えるでしょう!たまに食べるくらいであれば問題ないと思いますが大量に食べてしまうと塩分の摂取し過ぎになってしまいます。特に高血圧の方や肝臓に疾患のある方は注意が必要です。

 

燻製は煙で燻して作ります。そのためその煙の中に含まれる成分が気になりますよね…タバコの煙やダイオキシンなど煙に対して良いイメージがない人も多いと思います。燻製で使う煙には多環芳香炭化水素が含まれていますが、その多環芳香炭化水素が体に影響があるのではないかと発表されました。

 

今多くの国で煙の成分を分析したり、どのくらい多環芳香炭化水素が含まれているかなど詳しい調査が行われています。国によっては多環芳香炭化水素の基準値を超える製品を回収しました。

 

燻製の栄養について

燻製食品の栄養価は?

 

燻製をつくるときに食材に含まれる水分を抜きます。長期保存するするのにとても大切な工程です。そのため食材に含まれる水分量はかなり少なくなり、これと一緒に脂質も少しすくなくなります。大きな変化ではないですが脂質が減ることでヘルシーな仕上がりになります。食塩水に浸すので塩分は多くなります。

 

煙で殺菌し安全に食べれるようにするため、煙の中には抗菌作用が含まれています。そのまま保存するよりも菌の少ない状態で保存することが出来ます。しかし乳酸菌のような体に良い効果のある菌も殺菌してしまう可能性があります。

 

燻製にすると栄養価は変わるのか?

 

燻製にしたからと言って大きく栄養が変化することはなさそうです。栄養価だけ比較した場合は変化がほぼないかもしれませんが…味には大きな変化があります。燻製にすることで深い味わいを楽しむことが出来ます。

 

もともと食材に含まれる栄養価が煙で燻しても少なくなってしまうこともありません。例えばチーズにはたんぱく質や脂質、ビタミンB12、カルシウムなどの栄養価が含まれていますが燻製にしても大きな変化はありません。しかし燻製にするとそのままの状態より長期保存することが出来るというメリットがあります。味に変化を付けることも出来るので是非試してみて下さい!

 

Sponsored Link



燻製の健康への被害、効果、被害はどうなの?

燻製の健康への影響はあるのか?

 

燻製にはたくさんの塩を使うので燻製する前の食材と比べると塩分が多くなってしまいます。味が濃くなるので美味しく感じるというのもあると思います。美味しいのでたくさん食べてしまう気持ちはもちろんわかりますが…それでは塩分の摂取し過ぎになってしまいます。

 

塩分の摂取し過ぎは健康に影響を与えてしまいます。

 

①手や腕、足、足首などがむくんでしまう

 

②高血圧を引き起こしてしまう

 

③脱水症状を引き起こしやすくなってしまう

 

④カルシウムが少なくなり骨が弱くなってしまう

 

⑤胃がんの進行を早めてしまう

 

このような影響が出てしまう可能性があるので食べ過ぎには注意が必要です。塩分の量を気を付ける必要がある人にはおすすめ出来ません。体の気遣いながらたまに食べるには問題ない量だと思います。燻製にすることでいつも食べている食材が全然違う味に変化するので楽しんでみて下さい!

 

食べ物を燻製にする事へのは効果あるのか?保存期間は変わるのか?

 

燻製にすることで食材に含まれる水分が少なくなったり、雑菌を殺菌することが出来ます。このような効果があるのでそのままの食材と比べると燻製の方が長期保存することが出来ます。しかしそのまま常温で保存していてはそれほど長く保存することは出来ません。涼しくて乾燥している冷蔵庫の中で保存するようにしましょう!

 

最近は家庭で燻製を作れる燻製機が発売されています。そのため家庭で燻製を作って楽しむ人が増えていますが、その場合しっかり水分を抜くことが出来ているか、殺菌することが出来ているか不安なので市販の燻製ほど長く保存することは出来ません!安全のためにも1週間程度で食べることをおすすめします。

 

完成した燻製がちょっと柔らかい場合はまだ水分を含んでいることになるのでその場合は2~3日で食べるようにしましょう!

 

燻製の健康被害にはどんなものがあるのか?

 

先ほど多環芳香炭化水素という体に影響のある成分が含まれているのと塩分の摂取し過ぎになる可能性があることを紹介しました。

 

他にも燻製は煙で燻して作りますが、その時の煙にはタバコにも含まれるタールが少し含まれてしまうともいわれています。タールは発がん物質としても有名です。発売されている燻製の中には長期保存するために真っ黒になるまで煙で燻しているものもあるので注意しましょう!

 

Sponsored Link



燻製は体に悪い?栄養はどうなの?健康への影響、効果、被害について まとめ

燻製には体に良い面と悪い面の両方あります。体に影響を与える理由を知っておくことで回避することが出来ることもあります!

 

燻製が与える健康への影響は以下の通りです。

 

①塩分の多い食べ物

特に高血圧の方や肝臓に疾患のある方は注意が必要です。

 

②多環芳香炭化水素

国によっては多環芳香炭化水素の基準値を超える製品を回収した

 

③乳酸菌のような体に良い効果のある菌も殺菌してしまう

長期保存するために殺菌が必要ですがそときに良い菌も殺菌することがあります。

 

④タールが少し含まれている

タールはタバコに含まれる発がん物質としても有名です。

 

燻製を作るときに水分を抜くので食材に含まれる水分が少なくなります。それと一緒に脂質も少なくなるのでカロリーを抑えることが出来ます。栄養素は燻製にしたからと言って大きな変化はありません。味は大きな変化を付けることが出来ます。

 

燻製は涼しくて乾燥している冷蔵庫の中で保存することで長期保存することが出来ます。作った燻製はしっかり水分を抜くことが出来ているか、殺菌することが出来ているか不安なので1週間で食べきるようにしましょう!完成した燻製がちょっと柔らかい場合はまだ水分を含んでいることになるのでその場合は2~3日で食べましょう。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • インスタントラーメンを毎日食べるのは体に悪いのか?インスタントの味噌汁も体に悪い?コンビニ弁当と比べてどうなの?

  • 生チョコ作りに挑戦!ダマにならない方法とは?

  • 料理の基本 味付けの4つのポイントとは?

  • サジージュースとはどんなもの?栄養や効能とは?

  • お弁当は貧乏なの?コストを抑えた超おいしい弁当作りのコツとは

  • アサリを食べて下痢になった!嘔吐することもある?