1. TOP
  2. 絆創膏は意味ない?いつまで貼るのか?張り替えるタイミングとは?

絆創膏は意味ない?いつまで貼るのか?張り替えるタイミングとは?

生活 この記事は約 4 分で読めます。 93 Views

絆創膏を貼ることで傷口を治すために出てくる透明の液を吸い取ってしまいます。それであれば絆創膏を貼らずに治す方法をおすすめします。しかし今は「湿潤療法」で治す絆創膏が発売されているのでそちらの絆創膏をおすすめします。

 

普通の絆創膏であれば止血するまでは貼っておきましょう!傷口が触って痛く何も出来ない場合は保護するためにも貼っておきましょう。

 

絆創膏は1日1回交換するようにしましょう。水で濡れてしまった場合も交換が必要になってきます。

 

Sponsored Link



絆創膏は意味ないのか?

すり傷や切り傷が出来てしまったときに絆創膏を使う人は多いと思います。しかし最近は絆創膏などを使わずに「湿潤療法」でなおすのが良いと言われてきています。

 

傷が出来るとその傷を治すために透明の液が出てきます。その液で傷口を覆い保湿しながら治していきます。しかし絆創膏を貼ってしまうとその液が吸い取られてしまい傷口が乾いてしまいます。乾いてしまうとせっかく出来てきたかさぶたがくっついて剥がれてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

今は絆創膏の中にかさぶたをつくらず「湿潤療法」で治すものが発売されています。その方が傷の治りも早いので是非そちらを選んでみて下さい!

 

絆創膏はいつまで貼るのか?

普通の絆創膏を貼るときは傷口のフィットする形のものを選びましょう!そして重ねて貼ってしまうと通気性が悪くなってしまうのでやめましょう。血が出ているようならその間は絆創膏を貼って止血しましょう!その後はとってしまい空気に触れさせる方か早くよくなります。しかし水仕事などが多いと傷口に触ってしまい痛いですよね。その場合は絆創膏で傷口を保護しましょう。

 

「湿潤療法」の絆創膏の場合は絆創膏自体がかさぶたの役割を果たしているので傷が治るまでそのままにしておきましょう!

 

Sponsored Link



絆創膏を張り替えるタイミングとは?

絆創膏は1日に1回取り換えるようにしましょう!あまり頻繁に変えてしまうと皮膚に負担がかかってしまったりかさぶたが剥がれてしまったりと治りが遅くなってしまう原因になります。お風呂に入ったあとに交換するのがおすすめのタイミングです。

 

清潔に保つために水で濡れてしまったら交換するようにしましょう!それがあまりにも頻繁にある場合は防水の絆創膏を貼ることをおすすめします。

 

Sponsored Link



絆創膏は意味ない?いつまで貼るのか?張り替えるタイミングとは? まとめ

絆創膏がなくても傷口かた出てくる透明の液で保湿しながら治すことが出来ます。今は「湿潤療法」で治す絆創膏が発売されているのでそちらをおすすめします。

 

絆創膏は血が止まったら剥がしても大丈夫です!しかし水仕事が多かったりする場合は傷口を保護するためにも絆創膏を貼ることをおすすめします。

 

ずっと同じ絆創膏では不衛生になってしまうので1日1回は交換するようにします。それ以外でも水にぬれてしまったら交換しましょう!

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 除湿剤を部屋に置く場合はどこに置く?部屋干しにも効果あるの?

  • 門松は29日に飾ってはいけない?出す日はいつがいいの?

  • 冷蔵庫のポケット収納 効率よく整理整頓するポイントとは?

  • プレゼントに「縁結びのお守り」、正しい使い方は?

  • お供えの”のし袋”は色も気にした方が良いのか?

  • 仏壇に紅白饅頭を置いても大丈夫?