1. TOP
  2. 銀杏中毒の症状とは?毎日食べても大丈夫なの?毒性と効果効能について

銀杏中毒の症状とは?毎日食べても大丈夫なの?毒性と効果効能について

家庭菜園関連 この記事は約 4 分で読めます。 73 Views

美味しい銀杏をついつい食べ過ぎてしまうと…銀杏中毒になってしまう可能性があります。嘔吐や呼吸困難、めまい、発熱などの症状が出た場合は病院へ行くようにしましょう!

 

銀杏を毎日食べても大丈夫ですが子どもは7~150個まで大人は40~300個までにしておきましょう!人によって摂取しても良い量が違うので注意しましょう。

 

銀杏を食べることで身体に良い効果も期待出来ます。疲労回復効果やイライラ解消、肩こり解消、むくみ解消、高血圧の改善などがあります。

 

Sponsored Link



銀杏中毒の症状とは?どんな毒性があるの?

紅葉の季節になりイチョウが黄色に色づいてくると銀杏の実がついてきます。道に落ちている銀杏を見たことがある人も多いと思います。大人な味がしてとても美味しい銀杏ですが、中毒性があるので食べ過ぎにな注意が必要です。

 

危険な摂取量を紹介します。

 

①子どもは7~150個

 

②大人は40~300個

 

銀杏中毒になってしまうと出る症状を紹介します。

 

①嘔吐

 

②呼吸困難

 

③めまい

 

④便秘

 

⑤発熱

 

症状が出てくるまでの時間は個人差があり1~12時間と言われています。多くの人が24~90時間以内に回復すると言われています。体調不良を感じた場合はすぐに病院へ行きましょう!

 

銀杏を毎日食べても大丈夫なの?

先ほど紹介した食べたら危険な量以下であれば毎日食べても問題ないようです。銀杏に含まれる中毒成分は煮たり焼いたりしてもなくなることはありません。そのため数を減らすことがとても大切になってきます!最悪の場合亡くなってしまう場合もあるので注意する必要があります。

 

人によって中毒症状が出る量が異なります。それは体内にビタミンB6がどのくらいあるかでかわってきます。このビタミンB6の邪魔をする物質が銀杏に含まれる有毒成分です。

 

Sponsored Link



銀杏の効果効能とは?

銀杏はたくさんの栄養素が含まれています。そのため身体によい効果がたくさんあるので詳しく説明していきます。

 

銀杏に含まれる主な栄養素

 

①脂質

 

②糖質

 

③たんぱく質

 

④ビタミンA、B群

 

⑤ビタミンC

 

⑥鉄分

 

⑦カリウム

 

銀杏の効果効能

 

①疲労回復効果

 

②食欲不振の改善

 

③肩こり解消

 

④イライラの解消

 

⑤むくみ解消

 

⑥高血圧の改善

 

⑦利尿作用

 

Sponsored Link



銀杏中毒の症状とは?毎日食べても大丈夫なの?毒性と効果効能について まとめ

銀杏中毒になってしまうと出る症状は以下の通りです。

 

①嘔吐

②呼吸困難

③めまい

④便秘

⑤発熱

 

危険な摂取量は以下の通りです。

 

①子どもは7~150個

②大人は40~300個

 

毎日食べても大丈夫ですが危険な摂取量より多く食べないようにしましょう!

 

食べても大丈夫な量には個人差があるので注意しましょう!

 

銀杏の効果効能は以下の通りです。

 

①疲労回復効果

②食欲不振の改善

③肩こり解消

④イライラの解消

⑤むくみ解消

⑥高血圧の改善

⑦利尿作用

 

身体によい効果がたくさんあるので食べる量に気を付けながら食べましょう!

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 生ゴミで家庭菜園の手作り肥料ができるのか

  • ブラッククミンの栽培を始めよう! いいこといっぱい!その効能とは?

  • 菜の花と大根の花は別物?同じもの?見分け方は?

  • ズッキーニがベタベタの原因とは?傷みの見分け方とは?

  • ひまわりなのに赤色の花”チトニア”どんな種類の花かご紹介します!

  • インパチェンスの種まきの時期は?日陰でも花を咲かせましょう!