1. TOP
  2. 低温調理は温度と時間が大事!食中毒を防ぐためのポイントとは?

低温調理は温度と時間が大事!食中毒を防ぐためのポイントとは?

料理 この記事は約 4 分で読めます。 113 Views

最近よく聞く「低温調理」ですが食材がパサパサするのを防ぎ、しっとりとした仕上がりになります。上手く低温調理するためには温度と時間の管理が重要です。その管理がしっかり出来ていると食材も加熱殺菌することができ、食中毒のリスクも下げることが出来ます。

 

今は低温調理器という便利な商品が発売されています。利用することで誰でも簡単に作ることが出来るおすすめの商品です!

 

Sponsored Link



低温調理は温度と時間で決まる!劇的に美味しくなる低温調理とは?

低温調理とは肉などの食材をフリーザーパックなどに入れて密封し、それを湯煎して加熱する調理方法です。湯煎するお湯の温度は40~60度くらいの低温で行います。低温調理をすることで出来上がりがしっとりした食感になり、ジューシーな仕上がりになります。

 

低温調理でない方法で調理してパサパサな食感になってしまったことがある人もいると思います。そんな失敗がなくなる低温調理を是非試してみて下さい!

 

低温調理は温度と時間で決まる!誰でも簡単にできる?

昔は低温調理はプロが行う調理法というイメージでしたが…レストランで食べることが多かったです。しかし最近は低温調理を自宅で行う人が増えてきています。それは低温調理器が発売され始めたことがきっかけです!

 

低温調理では温度管理がとても大切なのでずっと温度を気にしていないといけません。そのためそれを手間だと思う人が多くいました。しかし専用の調理器を使うことで誰でも簡単に作ることが出来るようになりました。

 

Sponsored Link



低温調理は温度と時間が大事!食中毒を防ぐためのポイントとは?

食中毒のリスクを下げるために加熱殺菌をすることが大切です。普通に調理すれば高温で炒めたり、茹でたり、煮込んだりするので加熱殺菌を簡単に行うことが出来ます。しかし低温調理ではそもそも温度が低温なのでしっかり加熱殺菌出来ず食中毒に繋がってしまう可能性があります。

 

食中毒を防ぐためには温度管理がとても重要です。低温調理器があればしっかり温度管理が出来るので安心して作ることが出来ます。

 

Sponsored Link



低温調理は温度と時間が大事!オススメの低温調理器とは?

低温調理器があれば簡単に温度と時間の管理を行うことが出来ます。おすすめの低温調理器は「Anova」です。ヒーターとファンと温度計が全部ついています。低温調理器の中で1番メジャーな機種です。

 

海外製のものなので不安かもしれませんが…使っている人が多いのでインターネットで簡単に調べることが出来ると思います。

 

低温調理は温度と時間が大事!食中毒を防ぐためのポイントとは? まとめ

フリーザーパックに食材を入れてそれを40~60度の低温で湯煎する方法を低温調理と言います。低温で調理することで食材がしっとりしジューシーな出来上がりになります。低温調理では温度と時間の管理がとても大切です。

 

低温調理器を使うとしっかり加熱殺菌することができ食中毒のリスクも下げることが出来ます。おすすめの低温調理器は「Anova」です。通販でも購入することが出来るので是非試してみて下さい!

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スープジャーの保温力を高める方法とは?

  • きび砂糖と甜菜糖 使うならどっちが良い?どちらがオススメなのか?

  • 黒にんにくの食べ過ぎはダメ?白いにんにくとの違いは?

  • ホンビノス貝は危険?毒があるの?食中毒にならない為にも保存する時に注意する事とは?

  • 鰻の骨が喉に刺さった!?効果的な取り方紹介します。

  • とても便利な野菜ピーマン!野菜室での適切な保存方法は?