1. TOP
  2. 洗濯ネットは使わないとダメ?正しい使い方や選び方は?

洗濯ネットは使わないとダメ?正しい使い方や選び方は?

生活 この記事は約 4 分で読めます。 85 Views

洗濯ネットにわざわざ入れるのは面倒かもしれませんが…入れることで衣類が傷つくのを防いでくれたり、汚れが付きにくくなったり、型崩れしにくくなります。このように衣類にとって良いことがたくさんあるので入れることをおすすめします。

 

しかし洗濯ネットに入れることで汚れが落ちにくくなるデメリットもあります。洗濯ネットに入れるときは入れる衣類の大きさに合った洗濯ネットを選びましょう!

 

Sponsored Link



洗濯ネットは使わないとダメ?使いたくなるメリットとは?

洗濯をするときに洗濯ネットは使っていますか?入れたり出したりは確かに面倒ですが洗濯ネットを使うことでメリットがたくさんあるので紹介します。

 

①衣類を傷つけない

 

洗濯ネットに入れることで衣類についているチャックやホックに引っかかって傷つけてしまうのを防ぐことが出来ます。それ以外でも洗濯をすることで衣類同士がこすれて摩擦がおきてしまいます。その摩擦からも衣類を守ってくれます。

 

②汚れが付きにくくなる

 

タオルなどを服と一緒に洗濯することは多いと思います。タオルから出たほこりが服についてしまうのを防いでくれます。服に汚れがあった場合もその汚れが付着するのを防いでくれるでしょう!

 

③型崩れを防いでくれる

 

洗濯機の中で回ると服が伸びたりシワになってしまうことがあります。ワイシャツの襟の型なども洗濯ネットに入れることで崩れにくくなります。

 

洗濯ネットは使わないとダメ?気になるデメリットは?

先ほどは洗濯ネットに入れるメリットを紹介しましたが実はデメリットもあります。次は洗濯ネットに入れるデメリットを紹介します。

 

①汚れが落ちにくくなる

 

直接洗濯機の中に入れる場合と比べると洗濯ネットに入れることで汚れがどうしても落ちにくくなってしまいます。目立った汚れは手洗いしてから洗濯することをおすすめします。

 

②面倒なことが増える

 

洗濯ネットに入れたり、洗濯ネットから出したり、洗濯ネットを干したりとやらなくてはいけないことが増えてしまいます。忙しい朝の場合特にそう思ってしまうかもしれませんね…

 

Sponsored Link



洗濯ネットは使わないとダメ?正しい使い方や選び方は?

洗濯ネットの種類はたくさんあります。そのため値段もいろいろです。値段が高いものほど網目が細かくなったり、作りが丈夫になるので中の服にほこりが付きにくくなったり、型崩れも防ぐことが出来るでしょう!

 

中に入れる服の大きさによって洗濯ネットの大きさも変えましょう。大きい洗濯ネットに入れても中で型崩れしてしまったり、小さいと汚れが落ちにくくなってしまいます。

 

Sponsored Link



洗濯ネットは使わないとダメ?正しい使い方や選び方は? まとめ

洗濯ネットを使うメリットは以下の通りです。

 

①衣類を気づ付けない

②汚れが付きにくくなる

③型崩れを防いでくれる

 

洗濯ネットを使うデメリットは以下の通りです。

 

①汚れが落ちにくくなる

②面倒なことが増える

 

入れる服の大きさに合った洗濯ネットを使うようにしましょう!

 

網目が細かく、丈夫な洗濯ネットがおすすめです。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 日傘で白色は意味ない?白と黒どっちがいい? 効果の違いなどを紹介!

  • こびりついたシールをサクッと剥がす剥がし方とは?

  • 保冷剤の中身に潜む危険。誤飲するとどんな影響が?

  • 虫除けは効果なし?外出時に刺されない様にするためには?

  • 暖房を20度で付けっ放しにした場合は電気料金はいくらになるの?

  • 暖房はゴキブリを繁殖させる?その関係性と対応策について