1. TOP
  2. キャンドルはクリスマスだけじゃない!簡単に手作りできる方法とは?

キャンドルはクリスマスだけじゃない!簡単に手作りできる方法とは?

季節の行事など この記事は約 5 分で読めます。 81 Views

キャンドルには癒し効果や消臭効果、アレルギー予防効果など

良い影響がたくさんあります。

 

クリスマスだけでなく日常的にキャンドルを楽しみましょう!

 

またキャンドルは簡単に自分で作ることが出来ます。

 

好きな色にすることができ、キャンドルを灯すのが楽しみになると思います。

 

子どもも一緒に出来るので是非楽しんでみましょう!

 

Sponsored Link



キャンドルはクリスマスだけじゃない!キャンドルが与える嬉しい効果とは?

キャンドルと言えばクリスマスのイメージが強いかもしれませんが…

 

キャンドルには嬉しい効果がたくさんあるので

 

是非クリスマス以外でもキャンドルを楽しんでみて下さい!

 

嬉しい効果を紹介します。

 

①癒し

 

キャンドルの灯はストレスを軽減効果やリラックス効果が期待出来ます。

 

キャンドルを灯すことでマイナスイオンが多く発生するともいわれています。

 

②消臭効果

 

キャンドルの炎はタバコなどの嫌な臭いを燃やしてくれます。

 

キャンドルからもいい匂いがしてくるので部屋を

自分の好きな匂いにすることが出来ます。

 

③アレルギー予防効果

 

キャンドルの炎からはa波が出ており、このa波がアレルギー症状に

対する予防効果があると言われています。

 

a波は体内の免疫機能を調節してくれるのでアレルギーに

対する症状をおさえてくれます。

 

キャンドルを子供と作ろう!簡単に手作りできる方法とは?

子どもと一緒に出来るキャンドル作りはとても楽しいので

是非夏休みに作ってみましょう。

 

材料

 

鍋とボール

 

クレヨン

 

ろうそく3合サイズを4本

 

紙コップ1個

 

割りばし4本

 

カッターナイフ

 

輪ゴム1つ

 

ハサミ

 

ろうそくを割ってボールに入れ湯煎でとかし、

カッターナイフでクレヨンを細かく刻みその中へ入れます。

 

割りばしで紐を挟み紙コップの上におき輪ゴムで固定します。

 

紙コップにろうそくを流し入れます。

 

1~2時間放置し、ハサミで紙コップを切り固まったキャンドルを出します。

 

キャンドルの中に押し花や花びらをいれるとさらに可愛くなります。

 

Sponsored Link



キャンドルをクリスマスに飾ろう!クリスマスに灯す意味とは?

クリスマスキャンドルはこの世を照らす光としてキリストの象徴です。

 

クリスマスイブの直前の日曜日から数えて4週前の日曜日から

クリスマスの準備を始める風習を「アドベントキャンドルと呼んでいます。

 

アドベントキャンドルとは、クリスマスリースに4本のろうそくを並べ

毎週日曜日に1本ずつキャンドルを灯していき

4週目の日曜日には4本すべてのキャンドルを灯していくという行事です。

 

クリスマス当日も大切ですが、準備期間がとても大切にされています。

 

Sponsored Link



キャンドルはクリスマスだけじゃない!簡単に手作りできる方法とは? まとめ

キャンドルが与える嬉しい影響は以下の通りです。

 

①癒し

 

②消臭効果

 

③アレルギー予防効果

 

キャンドルは自宅でも簡単に作ることが出来ます!

 

子どもと一緒にお気に入りのキャンドルを作ってみましょう!

 

クリスマスキャンドルはこの世を照らす光としてキリストの象徴です。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 正月飾りは7日のいつ外すのが良いのか?

  • 正月飾りを飾るのはいつ?28日,29日,30日,31日のいつがベストなのか?

  • ハロウィンのランタンとは?起源や作り方を紹介!

  • お盆にほおずきを飾る意味は?飾り方や処分方法は?

  • 七五三の準備は何をする?いつから始めれば良い?

  • しめ縄は玄関の中 場所は内側のどこに飾るのが良いのか?