ハロウィンのランタンとは?起源や作り方を紹介!
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ハロウィンはヨーロッパの民族からはじまり、最初は収穫を祝い悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でした。どんどん意味合いが変わっていき今のようなハロウィンになりました。

 

ハロウィンと言えば仮装ですが、この仮装は悪魔に魂を取られないように悪魔の仲間のふりをするために仮装がはじまりました。

 

飾りつけをすることでハロウィンを思いっきり楽しむことが出来ます。その飾りつけで使うランタンは100均で購入出来るものを使い作ることが出来ます。

 

Sponsored Link



ハロウィンのランタンとは?ジャック・オー・ランタンの話

ジャック・オー・ランタンはアイルランドの古いお話です。

 

昔ジャックという怠け者で嘘つきのかじ屋さんがいました。ハロウィンの日酒場でお酒を飲んでいると、飲みすぎてしまいお金が足りなくなってしまいます…その時出会った悪魔と魂をあげる約束をし支払いをしてもらおうとします。

 

ずる賢いジャックは銀の十字架でコインを押さえつけ、 悪魔が元に戻れないようにお財布に押し込んでしまいました。悪魔は10年後に魂を取りに来ると約束しジャックに出してもらいました。そして10年後魂を取りにきた悪魔をジャックはまただまし、次は一生魂を取りにこないと悪魔に約束させました。

 

ジャックが亡くなったあと、これまでの行いから天国にはいけず…地獄で合ったあくまにも約束通り魂をとってもらえず、今でもジャックはさまよい続けています。

 

ハロウィンの起源は?仮装する意味とは?

もともとはヨーロッパの民俗行事としてはじまりました。秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でした。この行事がかたちを少しずつ変えてカトリックを信仰する民族にも広がっていきました!

 

今ではかぼちゃをくりぬいたジャック・オー・ランタンを飾り、仮装した子どもたちが家を回ってお菓子をもらうイベントになっています。

 

ハロウィンの日はおばけだけでなく悪魔もやってくると考えらており、その悪魔に魂を取られないように悪魔の仲間のふりをするために仮装がはじまりました。

 

Sponsored Link



ハロウィンでランタンを作ろう!100均から本格的な物まで!

ハロウィンの飾りつけには欠かせないランタン!100均で購入出来るものを使い作ることが出来ます。100均で購入出来る粘土を使ってランタンを作ってみましょう。絵の具で顔を書くことで個性あふれるランタンを作ることが出来ます!子どもでも楽しみながら作ることが出来ると思います。

 

本格的なランタンを作るにはかぼちゃが欠かせません!かぼちゃをくりぬいて作ってみましょう。かぼちゃはとても硬いので大人の手伝いが必要不可欠です。

 

Sponsored Link



ハロウィンのランタンとは?起源や作り方を紹介! まとめ

ジャック・オー・ランタンはアイルランドのお話で、悪魔をだましたジャックの魂が今でもただよっているという怖いお話です。

 

もともとハロウィンはヨーロッパの民俗行事としてはじまりました。その行事がカトリックを信仰する民族にも広がっていきました。ハロウィンに欠かせない仮装は悪魔に魂を取られないように悪魔の仲間のふりをするためのものです。

 

もう1つハロウィンに欠かせないランタンは100均で購入出来る粘土でも簡単に作ることが出来ます。子どもも喜んでくれるでしょう!

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket