黒にんにくの食べ過ぎはダメ?白いにんにくとの違いは?
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

黒にんにくの味はドライフルーツのようで、臭いも少なく、食感はドライプルーンと似ています。柔らかく甘みもあるのでとても食べやすいです。そのためついつい食べ過ぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

黒にんにくになることでS-アリルシステインが豊富にあったり、アミノ酸増加したり、ポリフェノールも増加します。生活習慣病の予防が出来たりなど良い効果が期待出来ます。

 

食べ過ぎてしまうと胸やけがすることがあるので注意しましょう!適切な量は1日1~2片です。

 

Sponsored Link



黒にんにくは食べ過ぎてしまう?味や臭い、食感は?

熟成と発酵をすることで味や食感は変化するので黒にんにくと普通のにんにくとはまったく違います。味はドライフルーツのような味をしているのでかなり食べやすいので、にんにくが苦手な人でも食べることが出来る場合もあると思います。

 

食感はドライプルーンと似ています。とても柔らかいのでお年寄りから子どもまで食べることが出来ます。臭いもにんにくのように強い臭いはありません!

 

臭いもなく食感も柔らかく、味もドライフルーツのように甘いのでおやつ感覚で食べることが出来ます。とても美味しいので食べ過ぎてしまうことがあるので気を付けなくてはいけません!皮をむけばそのまま食べることが出来るので、手軽なのも魅力の1つです。

 

黒にんにくと白いにんにくの違いは?効能に差はあるの?

よく見かけるにんにくは色が白いですが、黒にんにくは色が真っ黒です!白いにんにくを熟成と発酵させることで黒にんにくが出来上がります。見た目だけでなく先ほど紹介したように食感も柔らかくなり、味も甘みがましてフルーティーになります。

 

白いにんにくが黒にんにくになることで、さらに栄養豊富なります。黒にんにくにはS-アリルシステインが豊富に含まれているので生活習慣病の予防に繋がります。他にもアミノ酸が増加したり、ポリフェノールも増加するので抗酸化作用に役立ちます。このように黒にんにくになることで、体に良い効果がたくさんあります。

 

黒にんにくは自宅でも作ることが出来るので是非挑戦してみて下さい!

 

Sponsored Link



黒にんにくを食べ過ぎたら?副作用や適量は?

先ほど紹介したようにとても食べやすいので黒にんにくを食べ過ぎてしまうことがあります。たくさん食べてしまうと胸やけなどの症状が出てしまう可能性があるので注意が必要です!しかし黒にんにくは薬ではないので副作用はありません。

 

たくさん食べることでたくさんの良い効果が出るわけではありません。適切な量を食べることがとても大切になってきます。適切な量は1日1~2片です。

 

Sponsored Link



黒にんにくの食べ過ぎはダメ?白いにんにくとの違いは? まとめ

黒にんにくの味はドライフルーツに似ています。

 

臭いはほとんどありません。

 

食感はドライプルーンと似ているので柔らかいです。

 

にんにくを熟成と発酵させることで黒にんにくを作ることが出来ます。にんにくと黒にんにくの違いは以下の通りです。

 

①S-アリルシステインが豊富…生活習慣病の予防

 

②アミノ酸増加

 

③ポリフェノール増加…抗酸化作用に役立つ

 

黒にんにくを食べ過ぎてしまうと胸やけが起こる可能性があります。食べる量は1日1~2片までにしましょう!

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket