グッピーはオス同士でも大丈夫?オスのみだと喧嘩するのか?
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

グッピーはオスだけでも飼育することが出来ます。しかし性格によっては喧嘩をしたり、追いかけまわしたりするものもいます。喧嘩を少なくするために隠れ家をくつったり、エサを与える時間を決めるなどストレスをあたえない飼育方法をすることが大切です。

 

グッピーはオスがうまれにくいと言われています。それには染色体異常やメスのが大きいので生き残りやすいなどの原因があるようです。

 

Sponsored Link



グッピーはオス同士でも大丈夫?

グッピーはオスとメスを一緒の水槽で飼っていると、どんどん繁殖してしまいます。小さい赤ちゃんが産まれて大きくなっていくところを見るのはとても楽しいですが、最後まで責任を持って育てられないほど増やしてはいけません!

 

グッピーの数を増やさないためにはオスとメスを別々の水槽で飼うのが1番確実な方法です。このような事のためにオスだけで飼うことは可能です。また一種類のオスだけでなくいろいろな種類のオスを混ぜることで、水槽の中もにぎやかになると思います!

 

グッピーはオスのみだと喧嘩したり追いかけたりするのか?

グッピーにもそれぞれ性格があるので喧嘩をしたり追いかけまわしたりするものもいます。それを防ぐためにも隠れ家を作ってあげるといいと思います。追いかけまわされてもそこへ隠れることが出来ます。

 

ストレスがたまることで喧嘩をしたり追いかけまわしたりすることがあります。そのためストレスを与えないように水槽にあった数のグッピーを飼育しましょう。他にもお腹が空くとそれがストレスのもとになってしまうので、エサは決まった時間にあたえるようにしましょう!

 

水の交換も大切です。月に2回は水を交換し、水槽の掃除も忘れないようにしましょう。

 

Sponsored Link



グッピーはオスが生まれない?オスが生まれにくい原因は何かあるのか?

グッピーはオスが生まれにくいと言われています。その原因を紹介します。

 

①メスのが生き残りやすいため

グッピーはメスの方が体が大きいため、丈夫で生き残りやすいことも関係しています。

 

②染色体異常のため

グッピーの中にはまれに染色体異常でメスしか生まれないことがあります。

 

③水温

飼育している水槽の水温が影響していると言われています。はっきりとした根拠があるわけではありませんが、実際に水温で性別が決まる生き物もいます。

 

Sponsored Link



グッピーはオス同士でも大丈夫?オスのみだと喧嘩するのか? まとめ

グッピーは1つの水槽でオスのみを飼うことは可能です。グッピーはオスとメスを同じ水槽で飼うとどんどん繁殖してしまうので、責任をもって飼えない数にさせないためにオスとメスを水槽によって分ける方法はおすすめです。

 

オスのみで飼うことは出来ますが喧嘩をしたり追いかけまわすことがあります。それにはストレスが大きく関係しています。ストレスを与えないための方法は以下の通りです。

 

①水槽の大きさにあった数のグッピーを飼育する

 

②エサを決まった時間にあたえる

 

③月2回は水の交換と水槽の掃除をする

 

④隠れ家を作る

 

グッピーのオスが生まれにくい原因は以下の通りです。

 

①メスのが生き残りやすいため

 

②染色体異常のため

 

③水温

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket