おたまじゃくしのエサ 食べる物は何?いつからあげる?頻度や量はどうしたら良い?

おたまじゃくしは基本的に雑食性です!そのため家庭にある食べ物でもエサとして与えることが出来ます。ここではエサをいつからどのくらいの頻度で与えるかについて詳しく説明します。エサはおたまじゃくしの成長にとても大切ですが、食べ残しがあると水が汚れてしまう原因になるので注意しましょう!

 

汚れてしまった水は交換が必要です。そのままにしておくことのないように注意しましょう!おたまじゃくしにとって過ごしやすい環境を作ってあげましょう!

 

Sponsored Link



おたまじゃくしのエサ 食べる物は何?

カエルの種類によっておたまじゃくしのエサは変わってきます。草食性だったり肉食性だったりしますが、基本的におたまじゃくしは雑食性の生き物です。

 

そのため家庭にあるかつお節や煮干し、パン、ご飯などをエサとして与えても大きく成長しカエルになることが出来ます。しかしこのようなエサをおたまじゃくしに与えることで水はかなり汚れてしまいます。それを防ぐために便利なのがメダカ用や金魚用の人工餌です!

 

水を汚さないためエサの与えすぎには注意が必要です。食べきれる量のエサを与えるように気を付けましょう!

 

おたまじゃくしのエサ 食べる物はいつからあげる?

おたまじゃくしは卵から孵化したらすぐによく知っている姿をしているわけではありません。生まれたてのおたまじゃくしは黒い小さな生き物で泳ぎ方も少し違います。よく知っている姿になるまでには孵化して7日ほどかかります。

 

そのような多くの人が知っているおたまじゃくしの状態になったらエサを与え始めましょう!それ前に与えてもまだエサを食べないので水が汚れてしまうだけです。

 

Sponsored Link



おたまじゃくしのエサ 食べる物の頻度や量はどうしたら良い?

先ほどから説明しているようにエサは与えすぎてしまうと水が汚れてしまうので、何度も飼育している水を変えなくてはいけません…このようにならないためにエサは少量を最低1日2回与えるようにしましょう!

 

エサを与えたあとはどのくらい食べたかを観察するようにし、次からどのくらい与えるかの参考にしましょう!そうすることで食べ残しを少なくすることが出来ますね!

 

水が汚れてしまったら水の交換を必ず行いましょう!濁ったままだと次エサを与えたときにおたまじゃくしがエサを見つけにくくなってしまい、ますます食べ残しが出てしまいます。

 

Sponsored Link



おたまじゃくしのエサ 食べる物は何?いつからあげる?頻度や量はどうしたら良い? まとめ

カエルの種類によっておたまじゃくしのエサは異なりますが、基本的におたまじゃくしは雑食です。食べれるものには以下のようなものがあります。

 

①かつお節

②煮干し

③パン

④ご飯

⑤メダカ用人工餌

⑥金魚用人工餌

 

おたまじゃくしが卵から孵化して7日後くらいから先ほど紹介したようなエサを与え始めます。

 

エサは少量を最低1日に2回与えます。与えすぎてしまうとエサが水槽の中に残ってしまい水が汚れる原因になってしまいます。食べ残しが少なくて済むようにエサの量を調節していく必要があります!

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

おすすめの記事