1. TOP
  2. ザリガニが孵化したら、飼育する上での注意点とは?

ザリガニが孵化したら、飼育する上での注意点とは?

メダカなど水の生き物 未分類 この記事は約 4 分で読めます。 33 Views

飼っているザリガニが出産し赤ちゃんが孵化するのは嬉しいですよね!最初はとても小さくて可愛いです。しかしそのままにしておくとせっかく孵化した赤ちゃんが全滅してしまう可能性が高いので、どのようなことに注意した方がいいかをきちんと知っておく必要があります。

 

ここでは孵化したザリガニの赤ちゃんを大きくしていく方法を紹介します。是非参考にして頂き大きく育てていきましょう!しかしザリガニは思っている以上にたくさんの赤ちゃんを産みどんどん増えてしまいます。その点にも注意が必要ですね!

 

Sponsored Link



ザリガニが孵化したら、飼育する上での注意点とは?

ザリガニは孵化してすぐはお母さんのお腹のあたりにくっついて生活しています。その後お母さんのお腹から離れていきますが、その時に親に食べられてしまう可能性があるので水槽を別にすることをおすすめします。これが出来ない場合は親が空腹の状態にならないようにエサをこまめに与えるという対策方法もあります。

 

食べられてしまう相手は親だけでなく赤ちゃん同士でも共食いをしてしまう習性があります。しかしザリガニは1度にたくさんの赤ちゃんを産むのですべても赤ちゃんを別々の水槽で飼うのはなかなか難しいです…

 

なるべく共食いをさせないようにするために水草を入れてあげたり、隠れ家を作ってあげることで身を隠すことができ共食いの数を減らすことが出来ます。

 

たくさんの赤ちゃんが産まれたことで水槽の水がかなり汚れやすくなります。これまでと同じ頻度の掃除では間に合わないのでもっとこまめに掃除を行うようにしましょう!エサの食べ残しは水が汚れてしまう大きな原因になるので、量を調節しながら与えるようにしましょう。沈殿タイプのエサは水が汚れにくいのでおすすめです。

 

ザリガニが孵化失敗、その理由とは?

せっかくたくさんの卵を産んだのになかなか孵化してくれないと不安になりますよね。孵化しない理由には水温が関係していることがあります。水温が23度前後であれば2週間くらいで孵化しますが、秋などの寒い時期に産卵した場合、孵化することなく冬眠してしまうこともあります。孵化させたいのであれば水温を23度くらいに保ってみましょう!

 

他にも酸素不足が考えられます。卵にも酸素が必要になるのでポンプを付けていると定期的にお母さんザリガニはポンプ付近へいき酸素をあたえます。しかしポンプがなく酸素が少ないと卵の中で赤ちゃんが育つことが出来ないのです。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



ザリガニが孵化したら、飼育する上での注意点とは? まとめ

ザリガニの卵が孵化したら以下のことに注意しましょう。

 

①親に食べられないよう水槽を別にする

②赤ちゃん同士共食いもするので水草や隠れ家を作る

③今まで以上にこまめに掃除を行う

④エサを与えすぎない

 

孵化が失敗してしまう理由には以下のようなものがあります。

 

①水温が低い

②酸素不足

 

このようなことに注意して育てていきましょう!

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • カエルが鳴く時期 鳴く理由とは?雨、時期や時間帯と関係するの?オスとメス鳴くのはどっち?

  • ザリガニを食べるのは危険?寄生虫や病気に注意!

  •  ザリガニは夜行性か?水槽内のレイアウトのポイントとは?

  • クマノミが餌を食べない。吐き出したりした時の対処方法とは?餌付けや餌の量が関係するのか?

  • カエルを駆除する方法 塩や駆除剤は有効なの?庭と田んぼではどう?

  • おたまじゃくしのエサ 食べる物は何?いつからあげる?頻度や量はどうしたら良い?