1. TOP
  2. 白砂糖の代わりになるものは?代替糖として代用できるオススメ3選紹介!

白砂糖の代わりになるものは?代替糖として代用できるオススメ3選紹介!

 2019/03/11 料理 この記事は約 8 分で読めます。 1,836 Views

砂糖といえば料理に甘味を与えるための代表的な調味料ですが、とりすぎると太ってしまったり、体に害をもたらす存在になりかねません。

 

しかし、一口に「砂糖」といっても様々な種類があり、それぞれ料理に取り入れる上での味、栄養価に特徴があるのです。

 

一般的な白砂糖の代わりとして活用できる「代替糖」にはどのようなものがあるのでしょう?

 

Sponsored Link



白砂糖の代わりになるものは?代替糖のオススメ3選紹介します!

お砂糖といえば、料理に甘味を与える上では欠かすことのない、代表的な調味料の一つですよね。料理にはもちろん、お菓子作りなどではもはや必須と言える存在かもしれません。一般的にお砂糖といえば真っ白でさらさらとした砂状のものを想像されるかもしれませんね。しかし、実は砂糖として利用可能な「代替糖」なる商品も、最近では多く販売されています。今回は、代替糖として利用可能なオススメ品を3種類、ご紹介します!

 

まずオススメしたいのは真っ白な砂糖とは対照的に、黒く、石のように固まった姿が特徴的な「黒砂糖」です。これはサトウキビの絞り汁をろ過し、水分を飛ばすという実にシンプルな製法によって作り上げられた砂糖になります。沖縄の名産品などではよく知られるサトウキビですが、そこから抽出される黒砂糖を料理に利用するという場面は、なかなか少ないかもしれません。

 

しかしこの黒砂糖、砂糖でありながら「糖分」を消化・分解するのに役立つ「ビタミン」「ミネラルを豊富に含んでいる、という特徴があるのです。さらに、糖の吸収を抑える「フェニルグルコシド」「オクタコサノール」といった成分も含んでいるため、砂糖の取りすぎで大きな問題となる「太る」という点を解消してくれます! 実は黒砂糖は、その健康効果に注目され、古くから漢方としても利用されるほどの絶大な効能を持っていたのです。

 

第2の代替糖として「はちみつ」が挙げられます。こちらも砂糖と併用してお菓子づくりなどに役立てられている方も多いのではないのでしょうか。その独特の甘みは、十分砂糖の代わりとして代用することが可能です。加えて、はちみつは「ビタミン」「ミネラル」だけでなく、生きた「酵素」や「乳酸菌」といった栄養も豊富ですので、腸内環境を整えてくれます。さらに「天然フラボノイド」という強力な殺菌作用も持ち合わせているため、便秘なども解消できるのは女性にとっては非常にありがたいですよね!

 

良いことづくめのはちみつなのですが、一点だけ注意しなければいけないのが「熱には弱い」という点です。先程挙げたようなはちみつの健康成分は熱に弱く、煮る、炊く、焼くといったレシピではその効能を発揮することが難しくなってきます。

 

最後に、実は意外なものが砂糖の代わりとして利用可能です。それは何かというとみりん」で、どちらかというと和食などで活躍するイメージが強いですよね。みりんは元々、食べてからの糖質の吸収度合いが少ない食品で、健康には非常に嬉しい調味料となっています。その上、「グルタミン酸」「アスパラギン酸」「ロイシン」といった体の細胞を作るアミノ酸類が豊富であるため、疲労回復、予防にもってこいという嬉しい性能を持っています。それだけにとどまらず腸内環境を整える「オリゴ糖」や体のエネルギー源となる「グルコース」、疲れの回復に繋がる「クエン酸」といった栄養素も豊富であるため、体の作用を考えれば非常に優秀な食材と言えるでしょう。

 

さすがにコーヒーに入れるような場面で砂糖の代わりとしては使えないのですが、料理に含む上では十分、砂糖の代わりに甘さを補ってくれます。砂糖に比べるとやや甘味が抑え気味ですので、少し多めに入れるようにすると良いでしょう。

 

なぜ砂糖を代用するのか?砂糖は体に悪いのか?

お砂糖の代わりに利用可能な代替糖は様々なものがありますが、そもそもなぜ砂糖を代用するという必要があるのでしょうか? 一般的に砂糖と呼ばれるものは「白砂糖」や「上白糖」といった、いわゆる「白い砂糖」ですが、実はこの白い砂糖を摂りすぎることで様々な害がある、という情報が出回ったのが、代替糖という考え方が広まるきっかけになっているのです。確かに、お砂糖といえば虫歯であったり太り過ぎであったりと、何かしら健康を害してしまうというイメージが強いかもしれませんね。

 

しかしながら、本当に砂糖は体に悪い物質なのでしょうか? 実はこれには一部誤解されている方も多くおられるのですが、あくまで「砂糖を摂りすぎた場合に害が出てくる」ということなのです。「過ぎたるは及ばざるが如し」という諺があるように、なにごともやり過ぎは良くありませんよね。

 

本来、人間が生きていく上で「糖分」という栄養素も必要にはなってくるのですが、過剰に摂取してしまうと様々な弊害が出てしまいます。血糖値が上がることで胃腸の働きが弱まったり、免疫機能が下がって回復力が下がるのはもちろん、成人病やアレルギー体質になるといった危険性があるのです。

 

ですが、実は白い砂糖も「ビタミン」や「ミネラル」といった健康成分を本来は含んでいるはずのものですが、これらの成分は製造過程で取り除かれてしまい、純度が高くなったことから内臓に負担がかかる食べ物になってしまっている、ということなのです。つまるところ、商品としての「綺麗さ」を追求する中で、砂糖本来の貴重な栄養素が捨て去られてしまったことが「お砂糖が健康的ではない」という考えにつながっているのですね。

 

白砂糖のこの特製のまさに真逆な存在が、先ほどご紹介した「黒砂糖」になり、色も栄養素も全て逆というのはなんだか奇妙な話です。

 

Sponsored Link



オススメ以外にもある砂糖の代わりになるものとは?

白いお砂糖の代わりになるものとして、黒砂糖、はちみつ、みりんといったオススメ三種をご紹介しましたが、実は他にもまだまだ、お砂糖の代わりに使うことができるものが多数存在しているのです。やはり肝となるのは「砂糖本来の栄養素を持っている」という部分で、そういった意味では野菜などから抽出された糖類は非常に優秀な性能を持っています。

 

例えば、北海道で栽培されている「てんさい」から抽出された「てんさい糖」などもおすすめです。多くのミネラルが体の調子を整えてくれるだけでなく、年々体内から減少していく「ビフィズス菌」をも補ってくれるので、肉体の活性化にもつながります。

 

てんさい糖はお料理に使うとコクやテリが強く出るという性質があるので、煮物や照り焼きとの相性は抜群です! 天然由来の成分であるため安心して使うこともでき、砂糖の持つ栄養素を最大限に取り入れることができるのは、野菜抽出の砂糖の強みといえるでしょう。

 

また、海外の食品では「ココナッツシュガー」も最近では高い健康効果が注目を集めています。ココナッツの持つ自然の甘みはもちろん、他の糖類に比べて非常に効率よくエネルギーに変わる性質を持っており、体内に蓄積されにくいことからダイエット効果が見込めます。

 

さらに「ビタミンB群」を多く含んでいることから、肌、髪といったトラブルを未然に防ぐことにもつながるのです。この成分は他にも安眠や腸内環境の正常化といった様々な美容効果をもたらしてくれます。加えて、ココナッツシュガーに含まれるこのビタミンBはストレスをも解消してくれるので、まさに現代人にとっては日々の生活の大きな手助けになる、ということですね!

 

Sponsored Link



白砂糖の代わりになるものは?代替糖として代用できるオススメ3選紹介!! まとめ

一口に砂糖といっても、現在は様々な甘味を持つ商品が販売されており、その用途や特徴、栄養素までも千差万別なようです。特に白砂糖とは真逆の黒砂糖は、甘さ、栄養価、安全性共に非常に優秀であるため、代替糖として幅広く活用できそうですね。

 

白い砂糖の全てが危険、というわけではないのですが、やはり性質上たくさん摂取することには向いておらず、こういった危険性を排除するために代替糖を利用される方は多いようです。やはり体に取り入れるものである以上、より安全、安心して使いたいという気持ちは捨て切れませんよね。

 

こういった代替糖の特性を理解することで、それぞれの糖が持っている美容効果、健康効果、ダイエット効果というものを普段の食生活に取り入れることができるので、同じ料理を作りにしても食べたあとの効能が変わってくるものです。

 

まずはそれぞれの糖の味や使い方から好みのものをチョイスし、少しずつ日々のお食事に取り入れてみるのも良いかもしれませんね。是非この機会に、代替糖を活用してみてはいかがでしょう?

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 黒にんにくの食べ過ぎはダメ?白いにんにくとの違いは?

  • てんさいオリゴ糖は体に悪いのか?危険性や逆に効果はあるの?赤ちゃんは食べて大丈夫?

  • お弁当に入れるものが何もない時はどうする?簡単で美味しく作ろう!

  • とても便利な野菜ピーマン!野菜室での適切な保存方法は?

  • 鰻の骨が喉に刺さった!?効果的な取り方紹介します。

  • インスタントラーメンを食べると下痢になる。その原因や対処方法とは?