ガラスについた頑固な水垢の落とし方とは

お風呂場は年中湿気が多く、ほぼ毎日使う場所のため「水垢」が発生することが多いです。

 

掃除するのが厄介な水垢ですが、ガラスについてしまうとより一層、落とすのは大変です。

 

ガラスについた水垢は、どのように対処すべきなのでしょう。

 

Sponsored Link



お風呂の汚れといえば、やはり水垢

お家の中のお掃除では色々と厄介な場所が存在しますが、お風呂場もまた綺麗にするためには手間暇がかかる所です。やはり年中、水気や湿気がある場所だけに、頑固な汚れがつきやすいですよね。

 

そんな中、特に厄介なのは「水垢」ではないでしょうか。更にいえば、お風呂場のガラスに水垢がついてしまうと、落とすのが非常に困難です。

 

ガラスというだけあって、力を入れてゴシゴシとこするのもなんだか危ない気がしてしまいます。はたして、ガラスについた水垢はどうやって落とすべきなのでしょうか?

 

水垢には科学的に立ち向かう

多くの場合、ガラスについた水垢というのは「うろこ状」になっており、こすってもなかなか落ちないものです。なぜこのような汚れがついてしまうかというと、水道水に含まれている「カルシウム」や「ケイ素」が凝固してしまったもので、水分が蒸発するとこれらが「水垢」として残るのです。

 

それを踏まえた上で、実は力任せにこすらずとも、もっと科学的に水垢を除去することができるのです。水垢退治に役立つのは「クエン酸」で、これを水と混ぜることで即席の「酸性洗剤」を作ることができます。

 

やり方もとっても簡単で、水1カップに対しクエン酸を小さじ1杯程度入れ、しっかりと混ぜます。これをタオルやスポンジに染み込ませてガラスを磨くだけ! なんとこんな簡単なことで、水垢の原因となる「カルシウム」や「ケイ素」を分解し、綺麗に洗い落とすことができてしまうのです。

 

Sponsored Link



そもそも水垢の予防も大事!

クエン酸を使うことで簡単に水垢を落とすことができますが、やはりできることなら水垢そのものを発生させないようにしたいものですよね。そういう場合は、あらかじめ浴槽に水垢の予防をしておくことが重要になってきます。

 

やはり肝心なのは、使用後にガラスから水気を取り除くことですね。タオルだけでなくワイパーのようなものを用意し、徹底的に水気を除去してしまいましょう。毎日やると結構手間なのですが、これで水垢と戦うことがなくなると思えば、必要な努力かもしれませんね。

 

また、鏡用のコーティングを利用するというのも有効な手段でしょう。親水性、撥水、フッ素といったコーティングの種類があるのですが、どれも数百円〜数千円で購入することができます。特に親水性のコーティングは浴室には最適と言われているので、おすすめですよ!

 

Sponsored Link



ガラスについた頑固な水垢の落とし方とは まとめ

やはり体を洗う場所である以上、浴室というのは常に綺麗にしておきたいものですよね。

 

水垢は確かに厄介な汚れですが、その仕組みを理解すればどういった手法が効果的なのかが、おのずと見えてくるものです。

 

また、しっかりと汚れに対しての対策をとることで、水垢がつきにくい浴槽を作り上げることもできますよ。

 

お風呂場の厄介な水垢には、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

おすすめの記事