頭のフケはどうしたらいいの?ドライヤーで飛ばせるのか?

頭のフケで悩んでいる方は、男女問わずおられます。主な原因として考えられるのは、頭皮も含めて肌が弱いか、乾燥しやすいからです。

 

そんなフケですが、どんな対策をしたら良いのでしょうか。また、ドライヤーで飛ばすことはできるのでしょうか。

 

今回はフケに関する悩みについて、ご説明したいと思います。

 

Sponsored Link



どうしてフケができるの?メカニズムとは

スーツを着ていたりすると、肩にフケが落ちているのを気にしてしまいますよね。本人はもとより、周りからの視線も気になるところです。

 

フケは、乾燥が原因でできることがあります。乾燥することで、頭皮がカサつき、フケができてしまう場合は、保湿性の高いローションを、頭皮に塗り込むようにして予防することが大切です。

 

また、皮脂が多すぎるためにできるフケもあります。フケ自体が大きくて、粘り気があるのが特徴です。パサパサと落ちないので、髪の毛に引っかかったり、ひっついてしまうことがあります。

 

皮脂を抑えるスプレーなどを塗布することで、ある程度予防できます。いずれにしても、頭皮のケアが大切です。

 

頭のフケはドライヤーで飛ばせるの?

ちゃんと髪の毛や頭皮も洗っているのに、なぜかフケが出てしまうという方は、ドライヤーの使い方や、髪の毛を乾かす手順が間違っていることがあります。

 

例えば、生乾きの状態で放っておくと、カビが増えてしまうので、大変不衛生な状態になります。ですので、ドライヤーを使うことはとても大事です。

 

ですが、ドライヤーでフケを飛ばす際にも、注意点があります。あまり長い時間、熱風で乾かしていると、逆に乾燥してしまうので、お風呂上がりにすぐさま乾かすのがベストです。

 

低音ドライヤーや冷風で乾かすと、乾かすのに時間がかかるので、油っぽいフケが増える原因にもなります。

 

Sponsored Link



ドライヤーをうまく使って、フケ対策をする!

ドライヤーも使い方によってはフケを飛ばすことはできますが、あまり長時間使っていると、乾燥肌になりますので、まずは髪の毛を丁寧にブラッシングしてからにしましょう。

 

また、ドライヤーだけでなく、保湿性ローションなどを併用することで、フケ対策にもなりますし、フケが減っていきます。

 

肌が弱い方は、低刺激のシャンプーなどを使い、洗い残しが無いようにしっかりと流すことも大切です。

 

朝に学校や仕事に行く前に、ドライヤーでフケを飛ばす際は、ブラッシングとローション、ドライヤーの3つをうまく使って、フケが目立たないようにすることが良いです。

 

Sponsored Link



頭のフケはどうしたらいいの?ドライヤーで飛ばせるのか? まとめ

フケが気になる方は、まず生活習慣を見直すことも大切です。毎日きちんと洗髪して、ドライヤーで丁寧に乾かし、その後ローションで保湿することで、頭皮の健康を守れます。

 

フケが気になる場合、むやみのブラッシングしたり、熱風でドライヤーを当てすぎないように注意してくださいね。

 

 

フケを食べる。。。癖になっている人もいるようです。え?と思われるかもしれませんが。詳しくはこちらの記事で書きました。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

おすすめの記事