1. TOP
  2. 山椒を食べる幼虫はいるのか?山椒を守る方法とは?

山椒を食べる幼虫はいるのか?山椒を守る方法とは?

家庭菜園関連 この記事は約 4 分で読めます。 58 Views

山椒を食べる幼虫はいます。その幼虫はアゲハ蝶の幼虫になります。種類はモンキアゲハやカラスアゲハ、クロアゲハやナミアゲハになります。

 

アゲハ蝶の幼虫は生まれてすぐに食べた葉っぱを好んで食べるので1度食べられてしまうとずっと山椒の葉っぱを食べ続けます。農薬をまいたり、山椒の木を網で覆うことで被害を避けることが出来るのでおすすめです。

 

アゲハ蝶の幼虫は柑橘類の葉っぱが大好きです。意外ですが山椒の木も柑橘類に分類されます。そのためアゲハ蝶の幼虫に好まれます。

 

Sponsored Link



山椒を食べてしまう幼虫はいるの!?

独特な味のイメージがある山椒ですが、その山椒を食べてしまう幼虫がいます。その幼虫は山椒自体を食べるのではなく山椒の葉っぱを好んで食べます。

 

その幼虫の種類はモンキアゲハカラスアゲハになります。この2種類は特に山椒の葉っぱが好きで食べてしまいます。他にもクロアゲハやナミアゲハも食べることがあります。

 

アゲハ蝶の幼虫は生まれてすぐに食べた葉っぱを好んで食べる習性があります。なので生まれた場所が違うと山椒の葉っぱを与えても食べない場合があります。

 

山椒を幼虫から守る方法とは?

大切に育てた山椒の葉っぱを食べられてしまうと悲しくなしますよね。農薬をまいておくことでその農薬の付いた葉っぱを食べると幼虫は死んでしまいます。しかし自分で育てた山椒に農薬をまくことに抵抗がある人も多いと思います。

 

農薬を使いたくない場合はアゲハ蝶に卵を産み付けられないようにすることが大切な予防方法です。網で覆うことで産み付けられる可能性はかなり低くなります。また卵を見つけたらその葉っぱを切り取ることが大切です

 

その葉っぱを切り取り、生まれてすぐに食べる葉っぱを山椒の葉っぱ以外にすることが大切です。

 

Sponsored Link



山椒を幼虫はなぜ好むのか?

山椒の木はみかんやレモンの木などと同じ柑橘類分類されます。アゲハ蝶の幼虫はこの柑橘類の木の葉っぱを好みます。なので山椒の葉っぱも大好きなのです。

 

山椒の葉っぱはレモンの葉っぱに比べると薄いのが特徴です。生まれたての幼虫には薄くて食べやすいので好まれる傾向があるのかもしれません。

Sponsored Link



山椒を食べる幼虫はいるのか?山椒を守る方法とは? まとめ

山椒の葉っぱを食べる幼虫はいます。その幼虫の種類は以下の通りです。

①モンキアゲハ
②カラスアゲハ
③クロアゲハ
④ナミアゲハ

 

アゲハ蝶の幼虫は生まれてすぐに食べた葉っぱを好んで食べる習性があります。そのためせっかく育てた山椒の葉っぱを食べられしまうとみるみるうちに葉っぱがなくなってしまいます。そうならないための方法は以下の通りです。

 

①農薬をまく
②山椒の木を網で覆う

 

山椒の葉っぱは柑橘類なのでアゲハ蝶の幼虫に好まれます。他にも葉っぱが薄く幼虫の好まれるようです。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 害虫の毒毛虫がヤマボウシに発生。イラガ退治する方法とは?

  • 家庭菜園でメロンを作りたい!どの種類が育てやすいの?

  • ひまわりの害虫駆除 害虫の原因とその7つの対策法!

  • ふきのとうを栽培しよう!栽培方法と栽培条件を紹介します。

  • ポーチュラカを切り戻しに挑戦!正しく切る場所を紹介します。

  • サツマイモの変色予防はできるのか?