1. TOP
  2. 雛人形はどこに飾るべき?オススメしない場所はどこ?

雛人形はどこに飾るべき?オススメしない場所はどこ?

 2018/12/20 生活 この記事は約 5 分で読めます。 132 Views

毎年、3月3日になると、女児の健やかな成長を祈って飾られる「雛人形」。

 

古くから伝わる日本の伝統行事ですが、はたして雛人形を飾るのはどういった場所が最適なのでしょうか。

 

雛人形を飾るべきではない場所や方角はあるのでしょうか

 

Sponsored Link



健やかな女児の成長のために飾られる雛人形

日本古来の伝統行事といえば様々なものがありますが、3月3日にとりおこなわれる「雛祭り」は非常に有名な風習ですよね。この日には女の子が健やかに育つよう、可愛らしい「雛人形」を飾るお家もあるでしょう。昔は雛人形といえば7段、5段組といった大きなものでしたが、時代の変化に連れて3段のものや、よりコンパクトなものも見られるようになってきました。

 

もともと、日本では草や藁で作った人形(ひとがた)で体を撫で、穢れを移したものを川に流すことで厄払いをする、という行事がありました。この厄除けの行事が、当時女の子の間ではやっていたおままごと遊び「ひいな遊び」と合わさって、今日の「雛人形」が生まれたとされています。川に流す人形のことを「流し雛」と呼ぶようになり、それが徐々に家に飾る人形へと変化していったのです。

 

過去の風習からも分かるように、雛人形を飾るということは「女性の身に何かがあっても、人形がその災いを引き受けてくれる」という意味が込められていたのです。昔の日本では3月3日だけでなく、旅行や嫁入りの際にもこの雛人形を持って過ごすことで、女性の身を災いから守ろうとしたこともあったくらいなのです。

 

雛人形はそもそも、どこに飾るべき?

女の子が生まれると、両親や義両親からお祝いとして送られることも多い雛人形ですが、そもそも雛人形には「正しい飾る場所」というものは、決まっていたりするものなのでしょうか? 普段、あまりこういったことは意識せずに飾られている場合が大半かもしれませんね。古来からの風習となれば、なおさら吉凶を左右するような位置や方角があるように思えます。

 

ところが、実は雛人形には「ここに飾るべき」だとか「ここは避けるべき」といった場所に関する制約は、全くないのです。それどころか、雛人形を飾る時期、しまう時期といったものに関しても「こうでなければいけない」というルールは定まっておらず、そういうものは大概が古くから伝わる迷信に過ぎないようです。特に「早く片付けないとお嫁にいけない」なんてものは有名ですが、これもまた迷信の一つだそうで、ちょっと驚いてしまいますね!

 

しいて言えば、やはり雛人形は人形である以上、「直射日光」「結露」というものは避けるべきでしょう。直射日光に当たってしまうとシミができたり、また結露によっては湿気でカビが生えてしまいます。こういった場所に飾ると、せっかく厄除けとして飾っている雛人形がすぐに痛み、台無しになってします。多くの方はこういった問題が少なく、スペースも十分なリビングに飾ることが多いようです。

 

Sponsored Link



雛人形を飾るのにちょっとおすすめできない場所とは?

リビングにそこまでスペースがない、という方は小さめの雛人形を「玄関」に飾るのも良いでしょう。これだと、家を訪ねてこられた方にも雛人形を見てもらうことができ、皆でお祝いするということにも繋がりますよね。地域によっては、ハロウィンのように子供達が雛人形を飾っているお家を訪問し、お菓子を貰うという風習まであるんだとか。

 

家の中でも人が集まる場所に飾ると非常に効果的ですが、一点注意しなければいけない場所は「キッチン」です。この近くに飾ること自体も、風習として問題があるわけではないのですが、先程もあったように「日差し」や「結露」といったものにも人形は弱いことから、キッチンから飛んでくる「水」や「油」は大敵です!

 

このため、強いて言えばキッチンの近くは、雛人形が汚れないような位置どりを心がけるようにしましょう。特に炒め物などを行うと、実は油が3〜4メートルは跳ねる場合もあるため、これくらいの距離を置いていると安全ですね。また、調理の際には窓を開け、換気扇をまわすということを心がければ、雛人形が汚れずに安心して料理ができます。

 

Sponsored Link



雛人形はどこに飾るべき?オススメしない場所はどこ? まとめ

日本では恒例となった、女の子のためのイベントである雛祭りですが、その飾り方は思いの外、自由でも構わないようですね。

 

日本古来の風習、というとどこか形式張ったものを連想してしまいがちですが、重要なのは雛人形を飾り、女児の健康を祈るという部分に集約するようです。

 

もちろん、雛人形を乱雑に扱ってしまうと、せっかくのお祝いであってもすぐに痛んだり、壊れたりしてしまいますよ。

 

雛人形にとっても安全、安心な場所を心がけ、ご家庭におられる女の子の健康をお祝いするようにしましょう。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ケーキは保冷バッグに入れると何時間持つのか?保冷剤だけだと何時間持つ?

  • 日傘で白色は意味ない?白と黒どっちがいい? 効果の違いなどを紹介!

  • 米びつを選ぼう!ホーロータイプは虫がわくのか?

  • 49日のお布施の時のお車代はいくら?

  • 仏壇に紅白饅頭を置いても大丈夫?

  • 蜘蛛は害虫ではなく「益虫」なのか?