1. TOP
  2. さくらんぼを食べたら下痢になった。その原因とは?

さくらんぼを食べたら下痢になった。その原因とは?

料理 この記事は約 6 分で読めます。 327 Views

美味しい果物の1つとして、さくらんぼがあげられます。フルーツポンチに入っていたり、お弁当に入れてもらった思い出があるのではないでしょうか。

 

そんな美味しいさくらんぼですが、食べた後に下痢になったという方はおられませんか。では、なぜさくらんぼを食べて下痢になってしまうのでしょうか

 

今回は、さくらんぼについてと、下痢になってしまう原因をご紹介致します。

Sponsored Link



さくらんぼってどんな果物?

さくらんぼは桜桃とも呼ばれる果物です。バラ科サクラ属サクラ亜種のもので、ミザクラの果実のことをさします。

 

桜の木を見て、「さくらんぼが成るのかな」と思う方もおられるかと思いますが、実は全ての桜の木からさくらんぼができるわけではないのです。

 

一般的な花を観賞するタイプの桜では、実は大きくなりません。果樹であるミザクラには、東洋系とヨーロッパ系の2種類があります。そのうち、日本で栽培されているものの大半はヨーロッパ系で、その品種はなんと1000以上を超えます。

 

そんなにさくらんぼの木の種類があったなんて驚きですよね。さくらんぼは一般的には初夏の味覚として楽しまれ、さくらんぼは夏の季語でもあります。

 

ですが、近年では温室栽培もできるようになりましたので、1月初旬ごろからの出荷もされるようになりました。

 

さくらんぼは高級なものでは、30粒程度で3万円から5万円ほどするものがあります。お正月の贈答品としても人気があるものです。こんなに高いさくらんぼをもらったら、勿体無くて食べられないかもしれませんが、絶対に美味しそうですよね。

 

さくらんぼにはどんな種類があるの?

一般的にさくらんぼとしてお店に並ぶものの大半は、セイヨウミザクラの仲間です。一言にセイヨウミザクラといっても、その品種は多く、色や味も違ってきます。

 

高砂と呼ばれるさくらんぼはロックボート・ピガロや伊達錦とも呼ばれます。佐藤錦よりも2週間ほど早く収穫されます。高砂はアメリカ原産で、明治後期に高砂という名前がつけられました。

 

果肉は乳白色で、果汁が多いのが特徴です。色はやや明るく、お店に並んでいるものは、黄色い部分が少し目立つものが多いです。

 

豊錦は山梨県で発見された偶発種とされる品種です。果肉がとても柔らかく、酸味が少ないので、甘みが強く感じられます。

 

紅秀峰(べにしゅうほう)は、佐藤錦と天香錦の交雑種です。1991年に品種登録されたものですので、比較的新しい品種とも言えます。このさくらんぼの特徴は、大きさがだいたい9グラムと大きめで、果肉の色は帯赤黄班で色付きが良いところです。

 

果肉は硬めでしっかりとしていますが、果汁もたっぷりです。酸味が少ないので、酸っぱいのが苦手な方でも美味しく頂けます。

 

月山錦は、とても珍しい、黄色のさくらんぼです。月山錦は、中国の大連で育成され、日本に持ち込まれました。このさくらんぼはとても希少で、なおかつ果実も大きく、甘くて美味しいため、高級フルーツとして百貨店などで販売されています。

 

贈答品として贈ると、喜ばれること確実ですね。

 

紅さやかは、山形県が育成した品種の1つで、大きさは大体7グラムくらいです。皮の色は朱紅色ですが、熟してくると、色が濃くなって、紫がかってきます。

 

果肉の色はクリーム色ではなく、赤みが強く感じられます。甘さは控えめですが、酸味がしっかりあり、さっぱりとした味が特徴です。甘すぎる果物が苦手な方でも美味しく頂けます。

 

Sponsored Link



さくらんぼを食べたら下痢になる原因は?

さくらんぼを食べて下痢になった経験はありますでしょうか。さくらんぼには、鉄分が豊富に含まれているので、栄養があって良いと思う方も多いと思います。

 

貧血の改善や、疲労回復には効果があるので、適度に食べれば体にはとても良い効果が得られます。

 

一方で、食べ過ぎてしまうと、お腹が痛くなったり、下痢をしてしまうことになります。さくらんぼは小さいので、つい何個も食べがちですが、便秘解消に効果のあるソルビトールという、体の中で消化されにくい糖分が多く含まれているので、これが原因で腹痛を起こしたりしてしまいます

 

人間の腸の中には、様々な菌が混在していますが、代表的なものに善玉菌、悪玉菌があります。腸の中に、腐敗物などが残留していると、それが毒素を出して行き、老廃物が体の中に巡って悪影響を及ぼします。

 

さくらんぼの場合は、ソルビトールによって、便のpHを下げて、便が水分を含んでしまい、柔らかくなってしまうのです。そのため、食べ過ぎてしまうと、下痢や腹痛に悩まされることになってしまうのです。

 

Sponsored Link



さくらんぼを食べたら下痢になった。その原因とは? まとめ

さくらんぼは甘酸っぱくて美味しい果物ですが、いろいろな品種があることもわかりましたよね。贈答品に贈ると大変喜ばれる、高級なさくらんぼもあります。品種もたくさんあるので、それぞれの味が楽しめます。

 

さくらんぼは美味しいですが、ついつい食べ過ぎてしまうと、下痢や腹痛を引き起こしてしまうので、美味しいからと言って、食べ過ぎには注意しましょう。

 

ソルビトールは人工甘味料としても使われますが、さくらんぼにも含まれていたのは意外だと思った方もおられるのではないでしょうか。

 

食べ過ぎに注意して、美味しく楽しみましょう。

 

ブログランキングに参加しています。応援いつもありがとうございます!


人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 生チョコがドロドロ 固まらない理由と解決策とは?

  • 氷の保存期間は?正しい保存方法はあるの?

  • 分離した生チョコは食べれるのか? 分離の原因と食べれるように戻す方法について紹介

  • アサリはお弁当に入れても大丈夫なの?

  • 生チョコは常温保存が可能なのか?もし溶けたらどうしたらいい?

  • 冷凍した肉が変色?食べて大丈夫?