好き嫌いが分かれる野菜スティックのピーマン、これがおすすめ!

子供の嫌いな野菜NO.1に輝き続けるピーマン。大人になるにつれ食べられるようになる人が多いものの、野菜スティックだけは無理・・・という人は多いです。

 

健康のためにも野菜は多く摂りたいし、たまには野菜スティックでおしゃれに食べたい。でもそうなるとピーマンは外されがちですよね。

 

大人も子供の美味しくピーマンを野菜スティックで食べたい!そのためには・・・?

Sponsored Link



ピーマンの苦みはこうすれば取れる!

ピーマン嫌いの人の理由は、あの独特な「苦み」でしょう。苦みを取るにはちょっとしたコツがあるのです。

 

まずは新鮮なピーマン選び。ヘタの数は5個よりも6個のものを!角が多いほうが苦みの感じ方が弱くなります。次に切り方。線維に沿って切るのが最も苦みが弱くなります。輪切りで使いたい場合は、できるだけ細く切ったほうがいいですね。

 

次に切り終わったピーマンは、10秒でいいので湯通ししましょう。短時間だと栄養成分も壊れず味もまろやかに!お試しくださいね。

 

ピーマン嫌いにおすすめのピーマンがこれ!

ピーマン嫌いの人は、スーパーの安売りピーマンよりもちょっと変わり種のピーマンに挑戦してみませんか?これなら野菜スティックにも向きますし、ピーマン嫌いが直るかもしれません。

 

・こどもピーマン

長さ10センチほどの小ぶりなピーマン。苦みが少なく生で食べるのがおすすめ!

 

・フルーツピーマン

名前の通り、ピーマンの中で最も甘みを感じられるピーマン。赤、黄、緑と色のバリエーションもあるので、サラダや野菜スティックにおすすめ。

 

Sponsored Link



ピーマンを美味しく食べるために、ディップソースを作ろう

ピーマンの苦みを抑えて食べやすくしたら、次は美味しいディップソースが必要ですね。いつものディップソースではなく、アレンジを効かせて野菜スティックを楽しいんでみませんか?

 

・タルタルソース

いつものタルタルソースに、ブラックペッパーとディル、ケッパー、フレンチマスタードを加えてみましょう。大人向けのタルタルソースになります。

 

・明太マヨディップ

みんな大好き明太子!マヨネーズと明太子の相性は抜群ですよね。明太子を少なめにすれば子供でも食べられますし、多めにすれば大人のパーティーにも使えますよね。

 

・味噌グルト

味噌とヨーグルトは、どちらも発酵食品なので相性◎!発酵食品は腸を整えてくれるので、女性には便秘解消にもお勧めできるディップアレンジです。

 

・ニンニク味噌ディップ

味噌ベースでもうひとつ。疲れた時におすすめのニンニク、週末にいかがでしょう。すりおろしニンニクや、カリッと焼いたニンニクを加え、スタミナディップで疲れを吹き飛ばす!寒い季節は体も温まり風邪予防にも効果的です。

 

Sponsored Link



好き嫌いが分かれる野菜スティックのピーマン、これがおすすめ! まとめ

ピーマン嫌いの人にも食べやすい野菜スティックあれんじ、いかがでしたか?嫌いだから食べないのではなく、食べやすさを求めればいろいろなアレンジがあるものです。

 

好き嫌いは誰にでも多少は必ずあるものですが、知らないと損なこともありますよね。今ではなかなか見かけなかった野菜もスーパーでよく見かけるようになってきています。ひと手間で美味しく食べられるので、是非ピーマンの野菜スティックに挑戦してみましょう!

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

おすすめの記事