1. TOP
  2. 豆まきは3歳以下の子どもがいると危険!工夫方法を紹介します。

豆まきは3歳以下の子どもがいると危険!工夫方法を紹介します。

生活 この記事は約 5 分で読めます。 34 Views

豆まきを楽しみにしている子どもは
多いと思います。

 

 

子どもの喜ぶ姿が見たくて
豆まきを行う家庭も多いと思います。

 

 

しかし3歳以下の子どもがいる家庭は
注意が必要です。

 

 

豆まきが終わった後豆を拾いますが
拾い損ねてしまった豆を3歳以下の
子どもが拾って食べてしまう
可能性があります。

 

 

食べてしまうと窒息してしまったり
肺炎になることがあります。

 

 

ここではそうならないために
袋にいれたまま豆まきを行ったり
代用豆を使う方法を紹介します。

 

 

子どもの安全のために大切なので
是非参考にして下さい!

 

Sponsored Link



子どもが大好きな豆まき!しかし3歳以下の子どもには危険が!?

豆まきに使う豆はとても小さく
片付ける時に拾い損ねてしまう
可能性があります。

 

 

その豆を3歳以下の子どもが拾い
食べてしまうと窒息してしまったり
肺炎になってしまうことがあります。

 

 

まだ3歳以下の子どもはきゅう歯が
生えそろっていないため
前歯で豆をかじり食べることになります。

 

 

その豆のかけらが口の中にある状態で
泣いたりしてしまうと、そのかけらが
気管に入ってしまいます。

 

 

これが肺炎の原因になります。

 

 

咳き込んだら念のために
病院に連れていきましょう。

 

 

豆を食べたところを見ていないと
風邪だと間違った判断をしてしまう
可能性があるので注意しましょう。

 

 

豆まきを行う際は袋ごと投げれば安心!

先ほど説明したような危険を避ける
ための方法を紹介します。

 

 

最近では10粒程度ずつ小分けに
なって袋に入っているものが
発売されています。

 

 

それをそのまま投げる方法を
おすすめします。

 

 

それであれば豆のように小さくないので
片付ける際見つけやすいです。

 

 

また拾い損ねてしまっても
袋に入っているので3歳以下の子どもが
豆を食べてしまう可能性はありません。

 

 

安全に豆まきを楽しめる方法の
1つになります。

 

Sponsored Link



豆まきは代用豆を使うことで楽しむことが出来る!

本物の豆ではなく代用豆
使いう方法もおすすめです。

 

 

作り方はとても簡単です。

 

 

新聞紙を丸めてビニールテープで
巻けば完成です。

 

 

大豆アレルギーのある子どもでも
安心して豆まきを楽しむことが出来ます。

 

 

年の数だけ豆を食べる風習がありますが
その豆を煮豆にするのも
おすすめです。

 

 

煮豆であれば3歳以下の子どもでも
食べやすいです。

 

Sponsored Link



豆まきは3歳以下の子どもがいると危険!工夫方法を紹介します。 まとめ

豆まきは子どもが楽しみにしている
行事になります。

 

 

しかし3歳以下の子どもが豆まきの
豆を食べてしまうと窒息したり
肺炎を起こしてしまう可能性があります。

 

 

そうならないために方法は
以下の通りです。

 

 

①袋に入ったまま豆まきする
②代用豆を使う
③煮豆を食べる

 

 

子どもにとって安全な方法になるので
3歳以下の子どもがいる家庭は
是非試してみて下さい!

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 暖房はゴキブリを繁殖させる?その関係性と対応策について

  • 暖房で部屋を早く暖めるコツとは?

  • こびりついたシールをサクッと剥がす剥がし方とは?

  • キャンドルを照明にうまく使う、ヒュッゲの生活スタイルとは?

  • 餅つきにはどれくらい時間がかかるのか?

  • 節分の豆まきはどこにまく?その正しい場所とは??