ふきのとうを栽培!ふきのとうの育て方と栽培条件を紹介します。

ふきのとうは自分で栽培することが出来ます!

 

日本を代表する山菜で和食にはとても合いますよね。季節の食材なのでその時期になると毎年食べたくなる人も多いと思います。

 

ここではふきのとうを栽培するのに必要なものや栽培方法を紹介します。

 

ふきのとうは乾燥に弱かったりかかりやすい病気があったりします。

 

栽培条件や注意すべきことも紹介します。是非参考にして下さい!

 

Sponsored Link



ふきのとうを栽培するために用意するものは?

とても栄養価が高く、苦みがくせになるふきのとうを栽培してみましょう。

 

そのためにはまずいくつか用意するものがあります。

 

まずは準備するところから始めましょう。

 

①植え付けをする場所の確保
②苗
③苦土石灰
④暖効性化成肥料
⑤敷き藁
⑥くわ

 

プランターで育てる場合はプランターと園芸培養土が必要です。

 

プランターは出来るだけ大きいものを選ぶとよいでしょう。

 

畑にするような場所がない人もプランターで栽培出来るのはとても嬉しいですよね。

 

ふきのとうを栽培!栽培方法を紹介します。

植え付けを行う時期は3月~6月、8月下旬~9月です。

 

植え付けを行う2週間くらい前を目安に植え付けを行う場所の準備をします。

 

しっかりと耕し苦土石灰と暖効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

 

苗を植える間隔は約30cmです。

 

植え終わったらさっそく水やりを行いましょう。せっかくあげた水を乾きにくくし乾燥から苗を守るためには敷き藁をしいておきます。肥料は土に混ぜ込んでいますがそれでは足りなくなってしまうため3~4回程度さらに肥料をあたえましょう。ふきのとうは苗を植えてから4~5年収穫することが出来るのも嬉しい点ですよね。

 

しかし収穫出来る品質が徐々に下がってきてしまうので注意が必要です。

 

Sponsored Link



ふきのとうを栽培する。栽培条件と注意すべきことは?

まずは栽培する場所を選ぶところから始める人が多いと思います。

 

その場合、おすすめの場所は風通しがよく半日日陰になるところです。ふきのとうは乾燥にとても弱いです。水やりがとても大切になってきます。かかりやすい病気もあるので注意しましょう。早く気付き、早く対処することがとても大切になってきます。

 

薬剤を使用したり病気にかかってしまった株を抜きます。

 

ふきのとうはとてもあくが強いです。食べる前には必ずあく抜きを行いましょう。

 

Sponsored Link



ふきのとうを栽培!ふきのとうの育て方と栽培条件を紹介します。 まとめ

ふきのとうを栽培するために必要なものは以下の通りです。

 

①植え付けをする場所の確保
②苗
③苦土石灰
④暖効性化成肥料
⑤敷き藁
⑥くわ

 

栽培方法は以下の通りです。

 

①しっかりと耕し苦土石灰と暖効性化成肥料を混ぜこむ

②苗を植える間隔は約30cm 3月~6月、8月下旬~9月に植え付けを行う

③敷き藁をしく

④水をたっぷりあげる

 

ふきのとうは風通しがよく半日日陰になるところで育てます。

 

病気もあるので注意しかかってしまった場合は早めに対処しましょう。

 

是非、美味しいふきのとうを育ててみましょう!

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

おすすめの記事