生栗にカビが発生!それでも食べられるのか?

秋になると食べたくなるのが栗ですよね。

 

 

この季節になると生栗が発売されるのは
もちろんですが栗のスイーツも
たくさん出てきて惹かれますよね。

 

 

生栗はまとめて購入してしまうと
余ってしまうことがありますよね。

 

 

そのまま保管しておくと、、、

 

 

気付いたらカビが生えて
しまっていることがあると思います。

 

 

カビが生えてしまう原因は
虫や湿気にあります。

 

 

そのカビにも種類があり
それは白カビと黒カビです。

 

 

このようなカビが生えてしまうと
もう食べれないと思ってしまう人も
多いようですが、食べれるものもあります。

 

Sponsored Link



生栗にカビが!?なぜカビがはえてしまうのか?

生栗をそのまま保管しておくと
カビが生えてしまうことがあります。

 

 

その原因は2つあります。

 

 

①栗に虫が付いている
②湿気

 

 

拾ってきた栗は特に虫が付いている
可能性が高いです。

 

 

どんどん寒くなる時期なので
湿気によりカビが発生してしまいます。

 

 

生栗にカビが生えてしまった。どんな種類のカビがあるの?

生栗に生えてしまう可能性のある
カビはいくつかあります。

 

 

①白カビ

 

生栗の表面に生えることの多いカビです。

 

 

栗の表明がうっすら白くなってきたら
白カビが生えてしまった状態です。

 

 

②黒カビ

 

白カビに比べると厄介なカビです。

 

 

1度黒カビが生えてしまうと
なかなか取り除くことが出来ません。

 

 

毒性も白カビに比べると
強いので注意が必要になります。

 

Sponsored Link



生栗にカビが発生!それでも食べることが出来るのか?

生栗にもし先ほど紹介したような
白カビや黒カビが生えてしまっても
食べることは可能です。

 

 

白カビの場合は表面に付いている
白カビをしっかり洗い流すことで
食べることが出来ます。

 

 

しかし黒カビはカビだけ取り除いても
カビの近くには目に見えないカビが
生えてしまっている可能性があります。

 

 

そのため黒カビの周りの栗の部分も
ある程度取り除く必要があります。

 

 

しかし1度カビが生えてしまっているので
食感や風味が変わってしまっている
こともあります。

 

 

栗の中までカビてしまっているものは
食べるのはやめましょう。

 

 

そしてかり火を通すことも大切です。

 

Sponsored Link



生栗にカビが発生!それでも食べられるのか? まとめ

カビには生えてしまう原因があります。

 

 

その原因を知ることは対策をするためにも
とても大切になります。

 

 

原因は以下の通りです。

 

 

①栗に虫が付いている
②湿気

 

 

カビにも種類があり、その種類は
以下の通りです。

 

 

①白カビ
②黒カビ

 

 

白カビは水で洗い流すことで食べる
ことが出来ますが
黒カビは毒性が強くカビの部分を
取り除いただけでは食べることが出来ません。

 

 

カビの周辺の栗の部分も取り除きましょう。

 

 

また食べるときにしっかり加熱することも
大切になってきます。

 

 

カビの除去方法を知ることで
食べることが出来るので試してみましょう。

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

おすすめの記事