ひまわりなのに赤色の花”チトニア”どんな種類の花かご紹介します!
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

最近は品種改良が進んだおかげで、様々なひまわりを見ることができます。

 

真夏に咲くひまわりは、見ているだけでも夏を感じられて良いものですよね。

 

近年は上を向いたまま咲くひまわりなどもあり、フラワーアレンジメントなどで人気が出ています。

 

そんなひまわりですが、赤い色のひまわりはあるのでしょうか。

 

なかなか見かけない赤いひまわりですが、今回はその赤いひまわりについてご紹介したいと思います。

 

Sponsored Link



赤い色のひまわりはあるの?どんな種類のひまわりかご紹介!

ひまわりといえば、皆さんは黄色をイメージすると思います。

 

花畑などに行っても、だいたいが黄色いひまわりですよね。

 

ですが、実は赤色のひまわりも存在するのです。

 

その赤色のひまわりは、チトニアというのが正式名称です。

 

またの名を、メキシコひまわりともいいます。キク科チトニア属の花で、原産国はメキシコです。いかにも情熱的なメキシコらしい赤い色をしています。

 

この赤いひまわりは、古代インカ帝国の国花だったようです。

 

草の丈は1メートル以上に伸び、花はだいたい8センチほどです。一見するとダリアのように見えるのが特徴です。

 

とても丈夫で育てやすいので、ひまわり栽培初心者の方でも、比較的簡単に栽培できます。

 

土の質はあまり選びませんが、水はけの良いところで育てるのがポイントです。

 

結構ハムシが発生しやすいので、こまめにお手入れしてあげる必要があるひまわりです。

 

 

Sponsored Link



赤いひまわりのチトニアをアレンジしてみよう!ブーケもガーデンも良し!

とても鮮やかで綺麗なチトニアは、フラワーアレンジメントやガーデニングでも人気があります。

 

玄関先に可愛らしく鮮やかなチトニアが咲いているだけでも、お家を訪問してくれるお客さんの目にとまるでしょう。

 

チトニアは大きく育てれば、それだけ魅力が増しますので、根気強く育ててあげましょう。

 

チトニアと合う花としては、ルドベキアなどのオレンジ系の花がマッチすると思います。

 

ガーベラなども良いでしょう。可愛くアレンジしたい時はガーベラやルドベキアと合わせるのも良いですが、和風に見せたい時は、そのまま短く切って、花瓶に挿すのも良いと思います。

 

一本花なので、とてもシンプルですが、空間を彩るのにちょうど良いのではないでしょうか。

 

Sponsored Link



ひまわりなのに赤色の花”チトニア”どんな種類の花かご紹介します! まとめ

今回は、赤い色のひまわりであるチトニアという花について、ご紹介させて頂きました。

 

ひまわりの中でも育てやすいので、これから育ててみたいという方は、ぜひチトニアに挑戦してみてくださいな。

 

ひまわりを育てる上で、避けなければいけないのが害虫です。ひまわりの害虫についてこちらの記事で詳しく書きました。併せて参照くださいね。

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket