1. TOP
  2. 御朱印帳は寺と神社で分けないといけないのか?

御朱印帳は寺と神社で分けないといけないのか?

雑学関連 この記事は約 4 分で読めます。 23 Views

みなさんは御朱印帳は寺と神社で分けて
使うべきか、わけなくてもいいのか
ご存知ですか?

 

 

実はどちらでもいいのです。

 

 

御朱印帳の御朱印とは本来、神社や寺に写経を
納めたときに頂くものですが、現在は参拝した証
として頂くことが多いです。

 

 

では寺も神社も同じ御朱印をいただくことが
できるのに、何故御朱印帳を分けて使わないと
いけなかったりするのでしょうか?

 

Sponsored Link



御朱印帳を寺と神社で分けないといけないのは何故なのか?

寺と神社には神仏習合と神仏分離という考え方が
あります。

 

 

神仏習合とは神様と仏様を同じ
信仰体系としたものをいい、
神仏分離とは神様と仏様をはっきりと
べつのこととさせることをいいます。

 

 

この神仏習合と神仏分離ですが、両方の考え方が
現在も残っているのです。

 

 

そのため御朱印帳を神社と寺を別にして欲しいと
いう寺社もあり、もし一緒の御朱印帳に
していた場合に断られる可能性があります。

 

 

一方でそこまでこだわらない寺社も存在します。
御朱印帳は分けなくてもいいですが、
もし寺社の方から別にして欲しいと
言われたときには分けるか、
諦めるかになると思います。

 

 

さらに分ける場合は御朱印帳を2冊も
持ち歩かないといけないため荷物が
かさばってしまいます。

 

 

Sponsored Link



ほかに御朱印帳を分けて使用する場合

寺社とは別に御朱印帳を分けて使用する場合も
あります。

 

 

それは一乃宮専用の御朱印帳霊場巡りの
霊場専用納経帳です。

 

 

この2種類の御朱印帳ですが必ず
分けなければいけないというわけでは
ありません。

 

 

一之宮とはある地域の中で
一番社格が高い神社のことです。
一宮または一の宮とも書かれます。

 

 

神社では取り扱っていないところもありますが、
全国一之宮専用御朱印帳というもの
がありますので一之宮巡りをしたい方には
おすすめの御朱印帳です。

 

 

この御朱印帳は2種類販売されています。

 

 

次は霊場巡りの霊場専用納経帳についてです。

 

 

納経帳とはお寺を参拝した後に
御朱印をいただく台帳のことです。

 

 

つまり、お寺の御朱印帳ですね。
神社もお寺も御朱印帳と呼ぶ方が多いですが、
ここではお寺の場合、納経帳と統一します。

 

 

まず霊場とは何かといいますと、
神社や仏閣などのゆかりの地などのことで、
神聖視される場所です。

 

 

霊場巡りの御朱印帳ですが、それぞれの地域の
霊場専用納経帳があります。

 

 

こちらも一之宮巡りと同じで、
霊場巡りをしたい方にはおすすめです。

 

Sponsored Link



御朱印帳は寺と神社で分けないといけないのか? まとめ

このように神社とお寺では御朱印帳を
分ける必要はありません。

 

 

しかし、寺社の方から神社とお寺を
分けて欲しいと言われた場合、
円滑に進むように分けておいたほうが
いいかもしれませんね。

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 柏餅、桜餅、おはぎの販売時期とは?なぜ柏餅は葉っぱで包まれているのか?

  • 柏餅のみそあんのカロリーは?こしあんや粒あんと比べてどうなの?

  • 弁財天とは、何の神様なのか?そのルーツと弁財天を祀る神社を調べてみました!

  • みょうがを食べ過ぎるとバカになる。どんな由来でそうなったか。

  • 干し柿の作り方と、幸せの白い粉

  • 「お母さん」という呼び方の由来は?