1. TOP
  2. タープと風速、どの程度が危険なのか?

タープと風速、どの程度が危険なのか?

トレッキング/山登り この記事は約 4 分で読めます。 1,152 Views

先日、近くにのキャンプ場の脇をトレッキングしました。
前は人の少なかったキャンプ場も、
最近は利用者の多いことといったら・・・。
色とりどりのテントやタープで、森が華やかです。

 

 

森の木の枝がザワザワと言っています。
多少風が強く感じます。
案の定、風通しの良さそうな所に張ったタープが、
凧のように浮かびあがり、飛ばされました。

 

(こんな感じの風のときはタープはだめ。)

 

Sponsored Link



風速の強めの日のタープは危険

(谷間のキャンプ場は風が良く抜ける。)

 

 

スローモーションで空に飛び立とうとするタープ。
タープにポールも付いて、舞い上がります。
危ねえ・・。
一緒にいた友人が、ポツリとつぶやきます。

 

 

大丈夫?。
そう声をかけ、近寄って現場を見てみました。

 

 

ポールとタープがきつく縛りつけてあります。
これでは、ポールも一緒に飛んで行くわけです。
最悪ポールにあたり、怪我をします。

 

 

ここを縛っては、いけないよと、
一応注意をしましたが、納得がいっていない表情。
タープを収納するかと思ったら、また張り出しました。

 

 

言っても無駄。
友人は、先を急ごうと主張します。

 

 

最近は、実際に教える指導者的な人に頼らず、
目耳よりの情報だけで、キャンプをする人が多いです。

 

 

こんな風の日は、タープは張らないのになあ。

 

 

Sponsored Link



どんな風速の日に、タープを使用は危険なのか?

(このくらいだと、そろそろ危険な領域。)

 

 

風速と言う言葉は、みなさん知っていると思います。
風速25mの台風が接近していますとか言う、風速です。
気象の世界では、基準というものがあるようですが、
私はきちんとは知りません。

 

 

私が知っているのは、風速10m付近では、
タープ使用やめる事という教えだけです。

 

Sponsored Link



タープの危険風速10mってどのような感じ

(風速をみてタープを張りましょう。)

 

 

私が初心者のころ、風のある日にタープを張ろうとしました。
今のタープより性能は劣りますが、当時の最新式です。
仲間に自慢しようといていたのです。

 

 

当時のリーダーが私の所に来て、
今日はタープを張らないで、そう言います。

 

 

初心者だった私は、タープを自慢したかったので、
リーダーに説明を求めました。

 

 

リーダーの話は、こういったものでした。

 

 

木の枝がザワザワと音をたてて揺れるときや、
池の水面に波形が浮かぶときは、タープを張らない。
タープが飛ばされる危険が大きい。

 

 

一人で同じような風の日に、タープを張ったら、
見事に飛ばされました。

 

 

風速表によると、リーダーが言った条件に当てはまるのが、
風速10mと言う訳ですね。

 

 

自分だけはまだしも、周囲の人に危険な目にあわせる、
無理なタープ張りはやめましょう。

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • グランピングは一人旅で利用はできるのか?

  • 焚き火ハンガーの自作。私が試したハンガーの作り方。

  • 焚き火用の薪を入手したい。ホームセンターで売ってる薪はいけないの?

  • 日帰りトレッキングの持ち物、どんな物を用意すればいいの?

  • タープを庭に取り付けっぱなしできるか?

  • トレッキング 一人で歩く場合の注意事項は??