ペットボトルを湯たんぽにするのは危険?適切な温度は?

日々の生活の中でついつい溜まってしまいがちなペットボトルですが、巷ではこれにお湯を入れることで湯たんぽとして活用される方がおられます。

 

資源の有効活用、と思いきやベットボトルを湯たんぽにするにはきちんと注意すべき点があったんです。

 

ペットボトルを湯たんぽとして利用するにはどういった点に注意すべきなのでしょうか?

 

Sponsored Link



ペットボトルを活用したオリジナルの湯たんぽ

寒い時期になると足元を温めるために湯たんぽが欲しくなってきます。

 

しかし、わざわざ購入するのも億劫だ、という方は「ペットボトル」を利用して即席の湯たんぽとして活用しているんだそうです。

 

ペットボトルなら、普段の生活の中でゴミとしていくつも出るため、お湯を注ぐだけで湯たんぽに変身できるというのは、お手軽で重宝しそうですよね。

 

一口にペットボトルといっても、最近では大小様々なサイズのものが店頭に並んでいます。

 

材質や形状もそれぞれ異なっているので、実は非常に多くの種類が存在しているのです。

 

一体、どういったペットボトルが即席の湯たんぽに向いているのでしょう。

 

そして、湯たんぽとして使う際、どういった点に注意すべきなのでしょう?

 

適したペットボトルを選ばないと危険?

ペットボトルを湯たんぽとして使う際、やはり重要になってくるのは耐熱性能です。

 

高温のお湯が中に入るわけですから、普段なかなかそういった液体を入れているペットボトルはありません。

 

大抵、コンビニなどでは温かい飲み物はカンに入れられていることが多いですよね。

 

そのため、熱に耐えられるような性能を持ったペットボトルを確保しておくことが大切です。

 

推奨するペットボトルとしては、厚みがあり頑丈なものです。

 

そうなると一見「コーラ」などのものが適しているように思えますが、実は炭酸飲料のペットボトルは内圧に耐える性能は秀でていますが、肝心の耐熱性能はあまり高くありません。

 

耐熱性能に秀でているのは、いったいどんな飲料が入っているものなのでしょう?

 

実は「お茶」が入っているペットボトルは耐熱性能に優れているんです。

 

お茶の場合は、ペットボトルに入れた後に「加熱消毒」を行う必要があるため、必然的に他の飲料よりも熱に強くできているんですね。

 

ただし、気をつけなければいけないのはお茶の中でも「口元が白くなっているペットボトル」を選ぶようにしましょう。

 

ごく稀にお茶でも熱に弱いものが混じっているため、注意が必要です。

 

Sponsored Link



湯たんぽにする際の適温は?

本来、湯たんぽの専用容器ならば温度を気にする必要はないのですが、ペットボトルとなるとそうもいきません。

 

先ほど、お茶のペットボトルが湯たんぽには適しているとご紹介しましたが、それでもやはりペットボトルの限界が存在します。

 

安全に湯たんぽとして利用するならば「90℃以下」の温度を守りましょう。

 

それ以上の温度のお湯を注入してしまうと、どんなペットボトルだったとしても、変形してしまいます。

 

そうなってしまうと変形した口がきちんと閉まらず、漏れ出たお湯で火傷をする可能性もあり危険です!

 

また、温度は控えたとしても、中に入れるお湯の量は控えないようにしましょう。

 

満タンに入れておかないと、冷めた時にペットボトルがへこんでしまい、すぐに使えなくなってしまうのです。

 

ただお湯を入れるだけの手軽な湯たんぽですが、ペットボトルを活用する際は、こういった点に注意する必要がありそうです。

 

Sponsored Link



ペットボトルを湯たんぽにするのは危険?適切な温度は? まとめ

普段ゴミとして廃棄されるペットボトルを、湯たんぽとして再利用するのは面白い活用法ですよね。

 

しかし、やはりペットボトルを湯たんぽとして使うのは本来非推奨の使用方法であるため、しっかりとコツを押さえ注意しないと、思わぬ危険をまねいてしまうことになります。

 

温まりたいだけなのに、ちょっとした不注意で足先を火傷してしまってはたまりませんよね。

 

そのためにもペットボトルの特性や温度の上限などをしっかりと守り、無理をしないように心がけましょう。

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

おすすめの記事