1. TOP
  2. 布についた接着剤の落とし方やボンドの取り方とは?”日常にある物”を使って簡単に落とす方法を紹介!

布についた接着剤の落とし方やボンドの取り方とは?”日常にある物”を使って簡単に落とす方法を紹介!

 2018/04/27 生活 この記事は約 8 分で読めます。 17,733 Views

サッと塗るだけで素早く、手軽になんでもくっつけてくれる接着剤。

 

 

便利な道具ですが、誤って服や布についてしまうと落とすのはなかなか厄介だったりもします。

 

 

布についてしまった接着剤の落とし方についてご紹介します。

 

Sponsored Link



布に着くと厄介な接着剤

工作や裁縫といった様々な場面で物と物をくっつけるときは、接着剤が大活躍します。

 

現在では様々なメーカーのものがありますが、最近では少しの量でも素早く、そして強力に接着できるものが多く手軽に使えることもあり非常に便利ですよね。

 

ですが、作業の合間に接着剤が間違った箇所についてしまい取るのに苦労した、なんて経験がある方もおられるのではないでしょうか?

 

中でも布にくっついてしまった接着剤はなかなかに厄介。無理矢理剥がそうとしても接着力が強くてうまくいかず、結果、痕が残ったり破れてしまったりと、
布地が台無しになってしまう場合もあったりします。

 

 

お気に入りの洋服についてしまうと、それだけでもがっかりですよね。

 

布についてしまった接着剤は、どのようにして剥がすべきなのでしょう。

 

接着剤の正しい取り方をご紹介します!

 

 

日常にあるものを活用し接着剤を落とす!

接着剤がついた布を力任せに引っ張ったり、爪や道具でカリカリと剥がそうとすると、痕が残ってしまい大変です。

 

そんな時は日常にある様々なものが、活用できるんです。

 

まずは女性の方ならば持っていることが多い「除光液」が役立ちます。

 

本来はマニキュアを取り除くために使われる除光液ですが、液に含まれる「アセトン」という成分が接着剤に効果があるんだとか。

 

使い方も簡単で、接着剤が完全に乾く前に裏にガーゼか布切れを引き、その上から除光液を染み込ませた布で、軽く叩いていくだけ。

 

こうすることで、接着剤の成分が下の布に染み込んでいくのです。

 

もし、接着剤が固まってしまっても、この除光液の成分を繰り返し染み込ませると徐々に接着剤が柔らかくなってきます。柔らかさが程よくなったタイミングで、ハサミなどでゆっくり取り除けば、比較的傷も残らず、布から接着剤を剥がせるというわけです。

 

ただし、除光液を利用される場合は、必ず換気をするようにしましょう!刺激が強く、密閉した空間だと気分が悪くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

Sponsored Link



接着剤を落とすテクニック!アイロンと意外なアイテムの組み合わせとは?

先ほどの除光液の方法と似ていますが、アイロンを活用するというテクニックもあります。

 

固まった接着剤は熱を受けると溶けるため、これを利用して固まった液を溶かし、下にひいたガーゼに染み込ませてしまうのです。

 

この際、アイロンと組み合わせることでより一層効果を上げることができる日用品があります。

 

それはなんとフライパン

 

キッチン用品とアイロン、というのはなんだか意外な組み合わせですよね。フライパンの裏を土台にしてアイロンをかけると、アイロンからの熱がフライパンにも伝わりやすく、
両面から効率的に接着剤を温め、溶かすことができるのです。

 

ただし、この方法はやりすぎてしまうと布が焦げてしまうため、少しずつ様子を見ながら行うよう気をつけましょう。

 

焦らず、ガーゼを取り替えながら少しずつ作業を繰り返すことで無理なく接着剤を取り除けます。

 

特に男性の場合は家になかなか除光液も置いていないため、アイロンとフライパンを使ったこちらの方法をおすすめします!

 

布についたボンドの取り方とは?

次に、布にボンドがついた場合の取り方について紹介します。昨今では男性だけでなく女性の方も、DIYやハンドメイドといった物作りに触れる機会は多くなってきました。そんな中で、手軽に物を接着することができるボンドは非常に便利ですよね。

 

しかし、お手軽に利用できる反面、作業途中にボンドが洋服についてしまうと、ちょっと厄介です。洗濯してもなかなか綺麗に落とすことができず、ひっかいたり引っ張ったりしてしまうと、痕が残ってしまうことも少なくはありません。

 

お気に入りの服にボンドがついた場合、できることならば綺麗に、目立たないように取り除きたいものですよね。布についたボンドを取るためにはどのような方法があるのでしょうか。

 

力を使わず身近な薬品で落とす

布についてしまったボンドは、洗剤を用いた水洗いだけではなかなか落ちてくれません。実は市販の洗剤をつかうより、身近にある意外なものを活用することで、もっと簡単にボンドを落とすことができます。

 

それは接着剤の落とし方のところでも紹介した、女性の方が利用される「除光液」なのです。これは本来、マニキュアを取り除くといった場面で活用されるものなのですが、この中に含まれている「アセトン」という成分が、接着剤だけでなく、ボンドに対しても非常に効果的なのです。

 

特殊な道具なども使う必要はなく、ボンドのついた箇所の裏にガーゼや布切れを引き、その上から除光液を染み込ませた布で叩いていくだけ。これによって接着剤の成分が溶けて下に敷いた布に染み込んでいくのです。ただし、除光液は刺激が強い成分でもあるので、必ず利用される際は換気をするように注意しましょう。こちらも接着剤と同様ですね!

 

ボンドは固まってしまうとなかなか厄介で、こうなると熱を加えたり薬品によってまずは溶かす必要が出てきます。熱といえば布に利用可能な「アイロン」が思い浮かびますが、これに加えて、あるキッチン用品を利用することで、より簡単にボンドを布から落とすことができます。

 

それは接着剤同様に「フライパン」です!使い方は接着剤の時と同様で簡単で、フライパンをいわばアイロン台替わりにして、ボンドがついた箇所にアイロンを当てていくだけ。こうすることでフライパン側にも熱が伝導するため、いわばボンドを挟み焼きにすることで溶かすことができるんです。

 

ただし、このやり方はあまり長く一箇所を熱してしまうと、布地が高温になり過ぎてしまい焼けてしまう可能性もあります。コツとしてはこまめにアイロンの角度や位置を変えることで熱を効果的に伝え、布地へのダメージを抑えることが重要になってきます。

 

ボンドは接着剤同様にが持つ手軽さと高い接着力は非常に魅力ですが、間違って服についたときはなかなか厄介なものです。お気に入りの服についてしまい、無理矢理剥がそうとして傷が残った、なんてことになると勿体無いですよね。

 

誤ってお洋服にボンドがついてしまった場合は、今回ご紹介したような薬品や道具を使うことで、より簡単に、綺麗にボンドを落とすことができますよ。基本的に接着剤と同じですね!どれも身近にあるものを活用できるので、ボンドの汚れに困ったときは、ぜひご活用ください!

 

 

Sponsored Link



布についた接着剤の落とし方とは?”日常にある物”を使って簡単に落とす方法を紹介! まとめ

布についてしまった接着剤はその強力な能力ゆえに、なかなか綺麗に落とすことが難しいです。

 

かといえ、力任せに削り取ろうとしてお気に入りの服がダメになってしまってはもったいないですよね。

 

今回ご紹介した方法を使えば、比較的綺麗に、跡を残さず接着剤やボンドを取り除くことができます。

 

もちろん、布の材質との相性もあるため、まずは布の目立たないところで、変色などがないか軽く試すとより安全です。誤って布に接着剤がついてしまったときは、今回ご紹介した方法を是非、参考にしてみてください!

 

瞬間接着剤が布ではなくて手についた場合の落とし方について、こちらの記事で紹介しています。もし、手についた時の為にも併せてチェックされてみてくださいね。

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 朝活で効率よく勉強!カフェから始まるデキる女の一日!

  • 中国のバレンタインデーはいつ?8月なの?中国式の習慣とは?

  • お供えの”のし袋”は色も気にした方が良いのか?

  • しめ縄は仏滅の日に飾っていいものなのか?

  • 間違いやすいしめ縄のマナー!あなたは大丈夫?!

  • ペットボトルを湯たんぽにするのは危険?適切な温度は?