家にいる益虫の役割とは?蜘蛛やゲジゲジは大切な存在なのか?

農家の友人宅に行ったとき、偶然目にした益虫一覧表。
完全無農薬栽培を目指している人が、作成した物です。
興味を持ったので、コピーをもらってきました。

 

 

家で改めてみると、なかなかのものです。

キャベツなどを食い荒らすアオムシなど、農薬を使うか、卵を見つけて取り去るか、アオムシを捕まえるなどの方法で、駆除するのです。

 

この一覧表によると、アオムシコマユバチという蜂が天敵になっています。
アオムシに卵を産み着け、幼虫がアオムシを食べるのです。

 

自然は、うまく出来ています。

 

 

それならば、家庭の害虫も、天敵で駆除できるではないか。
ハエ・カ・ゴキブリ・シロアリがターゲット。
調べると、天敵はクモとゲジ

 

Sponsored Link



家にいる益虫 その1・クモ

(このように害虫をからめとります)

 

 

クモを益虫というと、おかしいと思う人もいるはずですが、益虫は人が生活する上で役にたつ虫というのが、おおまかな定義となっていますので、ある意味OKです。

 

ハエは、クモの巣を作らないハエトリグモが守備範囲です。
ガやゴキブリなど空中を飛ぶ害虫は、巣をはるクモが得意としています。

 

私も良くクモの巣にかかりますが、益虫となっています。
私が害虫なのかもしれません

 

Sponsored Link



家にいる益虫 その2・ゲジゲジ

(ゴキブリもクモの餌食)

 

人によっては、ゲジゲジと呼ぶ足がたくさんある生物です。
あれも益虫とは、驚きです。

 

今では、私の周辺では、あまり見かけませんが、よく探せばいるはず。なんと、ゴキブリが大好物なのです。逃げ足は速いと思っていましたが、素早いゴキブリを捕食するのです。

 

他には、シロアリも好物。家を食いつくすシロアリも捕食してくれるのは、今まで知りませんでした。

 

 

高いお金を払って業者を頼まず、家の中で放し飼い飼育をすれば、良いのでしょうが、あまり現実的ではありません。

 

その他では、南京虫も食べてくれます。定義からいえば、確かに益虫ですね。

 

Sponsored Link



悲しい益虫クモとゲジゲジ

(シロアリの被害。ゲジがいれば防げた。)

クモとゲジが益虫なんて、私の頭の中にはありませんでした。ハエ・カ・ガを捕食するのは知っていましたが、シロアリも捕食するとは知りませんでした。昔の人は、そのことを知っていたのでしょう。

 

今では、シロアリといえば駆除業者となってしまいます。

 

クモも、小さい頃から、
なんとなく益虫とは理解していました。
セミを捕まえるのに、よくクモの巣を使ったものです。

 

クモやゲジの嫌いな人もたくさんいるでしょう。人にほとんど危害はくわえません。
(一部クモの外来種が問題になっています。)
私は益虫は当然と思います。

 

しかし、よく調べると、現代の害虫の区分の中に、人々がその姿を見て、不快と感じれば、害虫と分類する不快害虫という項目が追加されています。当然、クモとゲジは不快害虫です。

 

人のつごうで害虫にされてしまっているクモとゲジは、悲しい益虫です。

 

こちらの記事でも詳しく書いたので参照ください。

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

おすすめの記事