1. TOP
  2. 端午の節句 鯉のぼりの歌に込められた歌詞の意味とは?

端午の節句 鯉のぼりの歌に込められた歌詞の意味とは?

生活 この記事は約 4 分で読めます。 178 Views

端午の節句といえば、
子どもの日であり、
男の子が健やかに育つようにと願う日であります。

 

 

兜を飾ったり、
鯉のぼりを揚げたりするご家庭も多いと思います。

 

 

ちまきや、柏餅を食べることもあるでしょう。

 

 

そんな楽しい端午の節句でおなじみの鯉のぼりの歌ですが、どんな意味があるのでしょうか。

 

Sponsored Link



鯉のぼりはお母さんが登場しないのはなぜ?家父長制の名残だった!

鯉のぼりの歌は
「誰より高い鯉のぼり」
で始まることは、みなさん既にご存知だと思います。

 

 

この歌詞には、
大きな真鯉はお父さん、
小さい緋鯉は子どもたちと歌われていて、
お母さんの鯉が登場しません。

 

 

この曲は作詞は近藤宮子さんという方で、
作曲した人は不明です。

 

 

では、なぜこの歌にはお母さんが登場しないのでしょうか?

 

 

昔は今よりも家父長制が強く、
父親こそが一家の大黒柱だという考えが、
今より強く残っていました。

 

 

そのため、鯉のぼりには母親が登場しないのです。
特に江戸時代は、武家社会のため、
お家存続や発展のために長男の成長が特に重要視されたそうです。

 

 

鯉のぼりを揚げる文化も、
その長男の誕生と成長を祈るためのものであり、
昔は長男を表象する黒い真鯉一匹が揚げられたそうです。

 

 

今とはかなり違う文化ですよね。

 

 

Sponsored Link



鯉のぼりの歌詞に込められた意味とは?どんな意味があるの?

江戸時代が終わり、昭和になると、
真鯉と緋鯉で父と子を表す文化が強くなって行きました。

 

 

真鯉が父親になった理由は、
江戸時代と比べると、
子どもの生存率が高くなったからだとされています。

 

 

長男として生まれた子どもを
主として考える必要性がなくなったので、
父権が以前より重要になったという考えが強くなりました。

 

 

そして、戦後には赤い色の鯉が、
母親を表すようになったのです。

 

 

つまり、鯉のぼりの歌は、
父と長男の健康を願う意味合いが強いといえます。

 

 

それは、今でも変わらずに残っている文化と言えるでしょう。

 

 

最近では鯉のぼりを揚げたりする家庭も、
少子化に伴い少なくなっているかもしれません。

 

 

そして鯉のぼりの歌は実は
2種類あることもあまり知られていないでしょう。

 

 

「甍(いらか)の波と雲の波」から始まる歌もあります。

 

 

こちらは作詞は負傷で、作曲は弘田龍太郎という方です。
いつの時代になっても、鯉のぼり歌は、
子どもの健康を願う意味だということがわかりました。

 

Sponsored Link



端午の節句 鯉のぼりの歌に込められた歌詞の意味とは? まとめ

鯉のぼりの歌って
どんな意味なんだろうと思っておられる方に、
今回はどのような意味が込められているのかご紹介しました。

 

 

お子さんがいるご家庭では、みなさんで歌うのも良いですね。

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 益虫一覧表を信じて良いのか??

  • 手についた接着剤の落とし方とは?

  • ガソリンを入れる際に何リットルを入れると効率的なのか?満タンが良いのか?

  • ペットボトルの麦茶に潜む危険とは?

  • 保冷剤に隠された、意外な能力とは?

  • 家にいる益虫は、どんな役割をするか??