1. TOP
  2. 端午の節句 旧暦だと2018年はいつになるのか?

端午の節句 旧暦だと2018年はいつになるのか?

生活 この記事は約 4 分で読めます。 7,161 Views

4月が過ぎると、すぐに端午の節句が来ますね。

 

 

端午の節句は、
日本では今は子どもの日となっていますが、
とりわけ男の赤ちゃんがいる家庭では、
初節句となるので、
親族が総出でお祝いをする風習が残っています。

 

 

そんな端午の節句ですが、
旧暦だと今年2018年はいつになるのでしょうか?

 

 

またどんなお祝いをするのかをご紹介致します。

 

Sponsored Link



端午の節句とは何?どんなお祝いをするのか?

まず、端午の節句の基礎知識から考えてみましょう。

 

 

旧暦では、牛の月は5月です。

 

 

この牛の月の最初の牛の日を、
節句として祝っていた風習が、
5が重なるこの月の5日が単語の節句になったという説があります。

 

 

端午の節句は各国で祝われていますが、
日本では、菖蒲を髪飾りにした人々が、
武将殿に集って、天皇から贈られた薬玉を賜わりました。

 

 

そして鎌倉時代あたりから、
菖蒲と尚武の読み方が同じであることから、
端午は男児の節句として、
男児の健康な成長を祈願するようになりました。

 

 

そして、柏という葉っぱは新芽が
出るまで古くなった葉っぱが
落ちないということから、
柏餅を食べるようになりました。

 

 

これは日本独自のものです。
ちまきを食べることもありますが、
これは実はもともと中華圏のお祝いの仕方です。

 

 

Sponsored Link



旧暦とは何?2018年の端午の節句はいつなの?

旧暦とは、月の満ち欠けの周期をもとにしたものです。

 

 

29日で終わる小の月と呼ばれる月と、
30日で終わる大の月と呼ばれる月を組み合わせて、
1年サイクルとしています。

 

 

ですので、旧暦には31日の月はありません。
私たち日本人が使っているものは、
グレゴリオ暦というものです。

 

 

西洋から輸入された概念と言ってもいいでしょう。

 

 

この端午の節句は、
新暦(グレゴリオ暦)では5月5日ですが、
旧暦では日が全く異なります。

 

 

今年2018年の旧暦の端午の節句は
6月16日となっています。

 

 

私たち日本人は旧暦でお祝いすることは、
まず無いでしょうが、
中華圏などでは、この日にお祝いをします。

 

 

そして、中華圏ではこう言った祝日は
連休になるパターンが多く、
2018年の端午の節句(端午節)は
6月16日から6月18日の三連休となります。

 

 

日本では子どもの日、
また男児の成長を願う日とされていますが、
中華圏ではなんと、女性の節句なのです。

 

 

隣の国なのに、ここまで違いがあるのは興味深いですね。

 

 

日本でも菖蒲を飾りますが、
中華圏では菖蒲は魔除けの意味があるとされているので、菖蒲をかざるそうです。

 

Sponsored Link



端午の節句 旧暦だと2018年はいつになるのか? まとめ

お祝い事の日を旧暦で知るのも楽しいですよね。

 

 

旧暦でお祝いしてみても良いかもしれません。

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 接着剤が布についた際の対処法とは?

  • こびりついたシールをサクッと剥がす剥がし方とは?

  • 沖縄に住むヤモリの種類と、その対策

  • ペットボトルの麦茶に潜む危険とは?

  • 端午の節句 鯉のぼりの歌に込められた歌詞の意味とは?

  • 主婦の朝活ってどんなもの?ある主婦のタイムスケジュールを調査!