1. TOP
  2. 白色の日傘の黄ばみなどの汚れを取る方法とは?洗うことは出来るのか?

白色の日傘の黄ばみなどの汚れを取る方法とは?洗うことは出来るのか?

 2018/04/10 生活 この記事は約 5 分で読めます。 3,205 Views

春ですが、すでに暑い天気が続くようになってきました。そこで女性が愛用するのが、日傘です。

 

日傘は遮光性に優れており、手軽に利用できるので、とても便利なアイテムですよね。

 

そんな日傘ですが、白い日傘を使っている場合、だんだんと黄ばみなどの汚れが気になってくることと思います。

 

今回は、白色の日傘の黄ばみなどの汚れを取り除く方法をご紹介したいと思います。

 

Sponsored Link



洗うことができる日傘の種類はどんなもの?洗えないものもある!

日傘と一口に言っても、洗うことのできるものと、洗えないものがあります。

 

洗えるのは、綿や麻でできた日傘です。

 

一方、洗えない日傘はどんなものかというと、晴雨兼用傘や絹なの撥水加工を施されたものです。

 

また、細かなレースのものを洗おうとすると、生地にダメージを与えてしまうので、洗うことができません。

 

ですので、お手持ちの日傘が何から作られているのかを、確認することが大切です。

 

もし、洗えるような日傘が欲しい場合は、最初から綿や麻でできた傘を買うといいでしょう。レースの傘は可愛らしいですが、洗えませんし、経年劣化でシミや黄ばみが目立ちやすいと思います。

 

では、次の章で、具体的に黄ばみなどの汚れを落とす方法を説明したいと思います。

 

 

Sponsored Link



白い日傘の黄ばみやシミを取る方法とは?上手に取る方法は?

まず、必要なものは、洗濯ブラシです。無い場合は、硬めの古い歯ブラシでも代用可能です。

 

そして、洗濯用の洗剤か、中性洗剤を用意しましょう。洗面器に洗剤を入れて、水で少し薄めた方が、洗いやすいと思います。だいたいお風呂場で6リットルくらいの水を用意します。

 

 

軽く洗剤と混ぜて泡立てましょう。

 

そしたらブラシに洗剤をたっぷり浸したら、いよいよ洗濯の開始です。

 

さて、日傘を洗う段階にいきますが、注意しなくてはならないのは、型崩れです。あまり強く力を入れすぎると、型崩れを起こしてしまうので、力加減に注意しましょう。

 

コツは、表面を撫でるようにして下さい。そうすると、うまく汚れがとれます。そして洗い終わったら、シャワーでしっかりと洗い流して下さい。

 

綺麗に汚れが落とせたら、しっかりと乾燥させて下さい。

 

以上が、白い黄ばみを取るコツです。簡単にできますので、ぜひ試してみて下さいね。

 

日傘の汚れを掃除する方法についてはこちらの記事にも詳しく書きました!
併せて読まれてみてくださいね!

 

 

 

 

Sponsored Link



白色の日傘の黄ばみなどの汚れを取る方法とは?洗うことは出来るのか? まとめ

今回は白色の日傘の黄ばみやシミを取る方法を説明させていただきました。

 

 

用意するものも少ないので、自宅で簡単にできます。もし黄ばみやシミが出た時は試されてみてくださいね!

 

 

日傘に関しての関連記事をいくつか書いています。
併せて読まれてみくださいね!

 

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ニューヨークと東京での遠距離恋愛!時差はどのくらい?

  • ガソリンを入れる際に何リットルを入れると効率的なのか?満タンが良いのか?

  • 家にいる益虫は、どんな役割をするか??

  • 仏壇に供える「おぶくさん」って?作法とかあるの??

  • 仏壇に紅白饅頭を置いても大丈夫?

  • 豆まきは3歳以下の子どもがいると危険!工夫方法を紹介します。