1. TOP
  2. 日傘で白色は意味ない?白と黒どっちがいい? 効果の違いなどを紹介!

日傘で白色は意味ない?白と黒どっちがいい? 効果の違いなどを紹介!

 2018/04/05 生活 この記事は約 4 分で読めます。 3,656 Views

春うららかな季節になり、だんだんと天気も良くなってきました。その分、日差しも一段ときつくなってきたことかと思います。

 

女性は特に紫外線に敏感なので、日焼け対策も入念に行うでしょう。

 

ここで疑問なのが、日傘には黒だけでなく、白などもありますが、遮光性などの問題で白は意味がないのかどうか、また効果の違いがあるのかどうかが気になる点だと思います。

 

では、この2色の違いについて検討したいと思います。

 

Sponsored Link



白い日傘は意味はないの?紫外線をカットできているのか?

そもそも、太陽光というものは、どんなものなのかを考えなければなりません。

 

太陽光とは、ガンマ線〜電波線の電磁波を含んでいるものです。その中で、地上に届くものは3つです。可視光線、赤外線、紫外線です。

 

可視光線は目視できる範疇の電磁波であり、この電磁波が目に届くことで、人は色を感知します。

 

赤外線は、可視光線の紫色より波長が短く、日焼けの原因となるものです。

 

そして赤外線は可視光線の赤い色よりも、波長が長い電磁波です。

 

これらを白い傘でカットできるのかどうかというと、結論からするとカットはできます。

 

白は光を反射する性質を持っているので、この反射の力で紫外線をカットする仕組みになっています。

 

Sponsored Link



白と黒の傘ならどちらがいい?効果の違いもご紹介!

白は反射の性質を持っていることは、先に述べた通りですが、では黒はどうでしょうか。

 

これも学校の理科の授業で習った通り、黒は吸収の性質を持っています。黒は紫外線を吸収することによって、カットを行うわけです

 

白と黒では、黒の方が若干カットする割合が高いので、完全な日焼け対策を徹底したい方は黒を使う方が良いでしょう。

 

それでも、白にせよ黒にせよ、全ての紫外線をカット出来ているわけではないので、日除けのアームカバーやサンスクリーンと組み合わせて使う方が効率が良いです。

 

そして、照り返しの対策については、黒の方が優れています。

 

白い傘ですと、照り返された紫外線が反射してしまい、顔に直接当たってしまうので、日焼けしてしまう可能性が高いからです。地面からの照り返しはとても暑いので、白を使うと暑さが倍増してしまうことも考えられます。

 

黒の日傘の場合は、紫外線を吸収してくれるので、照り返しの対策に優れていると言えるでしょう。

 

Sponsored Link



日傘で白色は意味ない?白と黒どっちがいい? 効果の違いなどを紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、白い日傘と黒い日傘の効果の違いを説明させて頂きました。

 

ファッションや気温によって使い分けても良いかもしれませんね。

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Family Life 家族生活お役立ち情報まとめブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 保冷剤は何時間持つのか?持ち時間の目安は?保冷バッグとの併用についての効果を紹介

  • 間違いやすいしめ縄のマナー!あなたは大丈夫?!

  • キャンドルを照明にうまく使う、ヒュッゲの生活スタイルとは?

  • ピルクルの効果 インフルエンザや風邪の対策になるのか?

  • ポーセラーツのやり方 自宅で焼くにはどうしたらいい?オーブンポーセのやり方とは?

  •  霜降り肉で吐き気や下痢を起こす原因とは?焼き方はどうしたら良い?