日傘の汚れをお掃除する方法を紹介!正しい手順などのポイントをチェック!

太陽の光や熱からお肌を守ってくれる日傘。日差しの強い夏には、女性にとって必須のアイテムと言えるかもしれません。

 

 

女性の強い味方である日傘について、その正しいお手入れの仕方をご紹介します。

 

Sponsored Link



夏に大活躍の日傘

夏の暑い日、女性の方にとっては太陽光による肌への影響が気になるのではないでしょうか。

 

肌の美しさや健康を守るためにも、夏の日のお出かけに日傘は欠かせないアイテムです。

 

ですが、日傘は普通の傘と違った素材のものも多く、どうやってお手入れすべきか分からない、といった方もおられるかもしれません。綿や麻やシルクなど、素材も日傘によって様々です。

 

 

お気に入りの可愛い傘でも、汚れていてはもったいないですよね。

 

日傘を汚れを洗う際の注意点についてご紹介していきます!

 

 

日傘の汚れをお掃除する方法 まずはご自分の日傘が水洗い可能かを確認

日傘を洗う際に重要になるのが、まず「水洗い」ができるかどうか、です。

 

一般的に日傘専用で、綿や麻が素材のものや晴雨兼用のものは水洗いできる場合が多いです。

 

そういったものは、中性洗剤とスポンジを使い、優しくなでるように汚れを落としていきましょう。

 

あまり強く擦ると表面の加工が取れてしまうので、優しく時間をかけて、というのがポイントです。

 

汚れはきれいになったにもかかわらず、可愛い柄が取れてしまったり、壊れてしまってはがっかりですよね。

 

一方、水洗いができないタイプのものだと、水洗いをしてしまうと縮みを起こしてしまう可能性があり、非常に危険です。そういった場合は、可能な限りブラッシングなどで汚れを落とすようにしましょう。

 

とはいえ、染み付いて取れない汚れなどもあり、なかなかそれだけでは綺麗にならない、ということもあるかもしれません。無理に取ろうとすると日傘自体を傷つけてしまう可能性が大きいので、そういった場合は専門の業者にお願いするのも一つの手です。

 

まずは洗う前に水洗い可能かどうか、しっかりと表示から判断することが大切です。

 

Sponsored Link



日傘を洗う際の正しい手順

日傘は素材もデリケートですので、あまり乱暴に洗うのではなく、丁寧に順序立てて汚れを落としていくことが重要となってきます。

 

ここでは、水洗いができる日傘について洗う際の手順を見ていきましょう。

 

まずは傘を開き、表面のほこりなどを柔らかいブラシで落とします。

 

あらかじめ水と中性洗剤を入れたバケツを用意し、スポンジに含ませて軽く叩くように洗います。あくまで「優しく」ということを忘れないようにしましょう!全体的に洗い終えたら、今度はシャワーを使い十分に洗剤を洗い流します。

 

最後に洗い終えた日傘を広げ、柄や骨の部分についている水滴を拭き取り、日陰で完全に乾かします。水が残っていると錆の原因にもつながり、直接日光に当てるとシミができてしまいかねません。

 

また、可能であれば防水スプレーで仕上げを行うと、よくシーズンでの汚れがつきにくくなります。

 

汚れを落とすだけでなく、再度使う際により一層、汚れに強くしておくことができるのです!

 

Sponsored Link



日傘の汚れをお掃除する方法を紹介!正しい手順などのポイントをチェック! まとめ

日傘は可愛いデザインや柄物が多いですが、その分、繊細なお手入れが必要となります。普通の傘のように力を入れて洗ってしまうと、すぐに傷んでしまいもったいないですよね。

 

翌シーズンも気持ちよく日傘を使うために、その特性や洗い方をしっかりと理解しておくことが大切です。

 

今回ご紹介した方法を参考にしていただき、お気に入りの日傘を綺麗にお手入れしてみてはいかがでしょう。

 

 

また、日傘を購入する場合に、白を買ったら良いのか?黒を買ったら良いのか?悩むことってないですか?白色は意味がないなど、、、日傘を購入する場合に、白が良いのか?黒が良いのか?についてこちらの記事で紹介しています。良かったらこのまま読んでみてくださいね。

 

 

 

下のボタンを1日1回クリックしていただけると、とても励みになります。
(人気ブログランキングに移動します。)
あなたの応援をいつも心から感謝していますm(_ _)m

人気ブログランキング

おすすめの記事